カテゴリー: 
開始価格: 
¥180,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥182,000
1600824600
入札数 : 
2

脇差:白鞘入り(保存刀剣)(委託品)
銘: 無銘 (長船祐定)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘 (備州長船祐定) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み  上研磨
はばき:金着、銀の二重鎺
刃長: 51.2 センチ
反り:  1.1センチ
目釘穴: 1 個
元幅: 2.84 センチ
先幅:  2.33センチ
重ね: 0.67 センチ
刀身重量: 475 グラム
時代:室町時代末期 永正の頃
体配:大摺上無銘で身幅、重ね尋常な
反りの深い切先が伸びる体配の良い脇差
地鉄:小板目肌実に良く練れて地錵が良く付き綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来大きなのたれ刃となり、足が良く働き葉が柔かく働く。
帽子:乱れ込んで、丸く大きく焼き下げる。

特徴:もし刀剣博物館で備州長船祐定と鑑定するのであれば
時代はかなり上がり永正以前の作品と言えます
私見では祐定では無く室町時代の上工の作品と考えます。
特に帽子の刃紋、地金にはっきりとした映りが見えない
刃紋ののたれに小足、葉が盛んに入る。更に地金に瑕などが目立たないなどです。
しかし刀剣博物館の審査基準に従い長船祐定として販売させて頂きます。
研磨も良く瑕、欠点のない作品を是非お薦め致します。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

 

Wakizashi in Shirasaya(NBTHK Hozon Paper)(Consignment sale)
Signature: Mumei attributed as Bisyu Osafune Sukesada.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade was polished by good polisher.
Habaki : Gold failed with silver double habaki.
Blade length : 51.2 cm or 20.15 inches. 
Sori : 1.1 cm or 0.43 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.84cm or 1.11 inches. 
Width at the Kissaki : 2.33cm or 0.91 inches. 
Kasane : 0.67  cm or 0.26 inches.
The weight of the sword   475grams.
Era : Late Muromachi Eisyo era.
Shape : Osuriage Mumei. Regular width and thickness Wakizashi with large Sori. longer Kissaki nice shape Wakizashi.
Jigane : Ko Itame Hada well graiend with Jinie attach. The Jigane is beautiful.
Hamon : Nie Deki, Large Notare Ba with many Ashi and soft Yo.
Boshi is Midarekomi large round Yakisage style.

Special feature: In my opinion, it is not Sukesada but a good swordsmith's work during the Muromachi period.
In particular, we cannot see a Utsuri on the Jigane and Hamon of the Boshi.
However, NBTHK judged the blade as Osafune Sukesada.
The polishing is well done.

NBTHK Hozon Token 
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.