カテゴリー: 
開始価格: 
¥200,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥200,000
1596504420
入札数 : 
1

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:下坂

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は下坂としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:40.3センチ
反り:1.1センチ
目釘穴:1個
元幅:3.26センチ
重ね:0.68センチ
時代:江戸時代初期
体配:身幅が広く重ね厚くがっしりとした大振り平打の脇差
地鉄:板目肌よく練れて地錵が付き黒味のする地金で肌立ち野趣に富んだ地金となる。
刃紋:小錵出来賞互の目乱れややばさつき
室町期の作風を踏襲された刃紋で帽子丸く
錵が深く金筋が働く。

特徴:下坂一派は江戸時代初期越前で活躍した刀工群で
初期は鎌倉時代の豪族であった下坂家がお抱え工に命じて
制作した作品であろうと考えられその中に初代康継も含まれていたと思われる。
その後康継は徳川家康に召し抱えられ銘に徳川家の家紋である葵の家紋を彫る事をゆるされる。

葵美術より一言:一見すると初期の康継を彷彿とさせる地金と
刃紋で当時康継とともに下坂家がお抱え工に命じて
制作した作品であろうと考えられます。身幅が広く重ね厚く反りが深い見事で豪壮な作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Wakizashi in Shirasaya(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Shimosaka

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo jyo saku ranking.

The blade was polished.
Habaki :gold wrapped single habaki.
Blade length :  40.3cm or 15.8 inches. 
Sori :1.1cm or 0.43 inches. 
Mekugi : 1 
Width at the hamachi : 3.26cm or1.28 inches. 
Kasane :0.68 cm or 0.26 inches.
Era : Early Edo period.
Shape : The blade is wide and thick with deep sori hirauchi style gorgeous wakizasi.
Jigane :Itame hada well grained with jinie attach and blackishi hokkoku jigane.
Hamon :niedeki small gunome midare and boshi is round shape deep nioikuchi .

special feature:Shimosaka school started from late Muromachi period t
o early Edo at Echizen province. The founder must be strong powerful 
family Shimosaka who was working from Kamakura period. 
He asked to make swords craft men. In this group, Yasutsugu also made swords as mentioned  Shimosaka,
This sword was made one of the shimosaka group high ranking swordsmith.

From Aoi Art:This sword was made by Shimosaka group sword maker. 
Shimosaka family daimyo ordered to make this kind of sword. 
So it is difficult to distinguish the real name but the blade is wide 
and deep sori marvelous hirauchi style nice wakizashi.

NBTHK Hozon Token.
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.