カテゴリー: 
開始価格: 
¥250,000
上昇単位: 
¥1,000
1583370960
入札数 : 

刀:拵え入り

銘: 無銘(新々刀 美濃一派)
                               
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は 無銘 新新刀 としては上作にランクされる作品です。
研磨済
ハバキ:素銅一重
刃長:2尺3寸0分5厘(センチ)
反り:3分5厘(1.05センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.8センチ
先幅:2.1センチ
重ね:0.7ンチ
時代:江戸時代末期の頃
体配:身幅、重ね尋常な反り適度に付き切先やや延びる。
地鉄:板目肌よくねれて地錵が付き肌立つ地金となる。
刃紋:匂出来風の互の目乱れに丁字乱れが混じり
地錵が付き足が刃入り、切先、のたれて丸く返る。

    特徴:一見すると古さを感じさせるが仔細の見ると
江戸時代後期頃に制作された作品です。

拵:半太刀拵え
鍔:太刀鍔風の鉄鍔で表面に唐草模様と松の木を高彫りする。
縁頭:鐺:柏葉:鉄地に文様を高彫りし金の色絵をほどこす。
栗形:鉄地に文様を〕金で色絵をほどこす。
鞘:革紐巻鞘。
目貫:赤銅地で牡丹の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:全体にまとまりのある作品で
地鉄よく練れて体配が良く古さを感じさせるのは
変わり金を入れて古く見せているのかと考えられます。
女性向きの居合修行者には最も的開いた作品であります。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Koshirae.

Signature : Mumei (ShinShinto Mino school)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to ranking.
The blade is polished.
Habaki: single copper habaki.
Blade length : 69.84 cm or 27.49 inches.
Sori : 1.05 cm or 0.41 inches.
Mekugi :  1
Width at the hamachi : 2.8 cm or 1.10 inches.
Width at the Kissaki : 2.1 cm or 0.82 inches.
Kasane : 0.7 cm or 0.27 inches.
Era : Late Edo period.
Shape : Regular width and thickness blade with long Kissaki
Jigane : Itame Hada well grained with Jinie attach. Hadadatsu.
Hamon : Nioi Deki, Gunome Midare and Choji Midare with Jini attach.
There are Ashi. Boshi is Notare round shape.

Special feature: At a glance, this blade looks like old.
But this blade was made around Edo period.

Koshirae : Handachi Koshirae.
Saya : wrapped by leather string.
Tsuba : Iron Tsuba, pattern is engraved with gold color.
Menuki : Shakudo, peony is engraved with gold color.
Fuchikashira: Kojiri:

From Aoi Art: Jitetsu is wll grained and the shape is nice.
This blade is suitable for Iai and also appreciation.

Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.