カテゴリー: 
開始価格: 
¥160,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥181,000
1582853280
入札数 : 
6

短刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:助宗(島田)

鞘書: 嶋田助宗 刃7寸7分有り 昭和丙午師走 寒山誌

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 助宗(島田)としては上上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:23.2センチ
反り:0.1センチ
目釘穴:2個
元幅:2.23センチ
重ね:0.51センチ
刀身重量:125グラム
時代:室町時代末期頃
体配:身幅、重ね尋常で3cm程の摺上げ、
区送が惜しまれるが体配も良く綺麗な姿をしております。
地鉄:小板目肌に小杢目肌が交り地錵がよく付き細かな地景が入る
刃紋:刃区より小互の目乱れとなりのたれが交り、
帽子は尖って返り、焼き下げて皆焼となり刃中。砂流、金筋が働く
仔細にみるとかなり皆焼の刃紋が良く入り切先、掃掛となる。

特徴:助宗(島田)は文安頃から活躍し永正を経て天文頃迄活躍する。
駿河の刀工で相州伝を継承する。
しかし一般的には嶋田義助がその初代の作品と考えられております。
その一派には広助、元助がおります。
作風は皆焼風の作品が多く、遠くは長谷部一派にも良くにた作品を製作しております。

葵美術より一言:皆焼の刃紋で一見すると匂口の深い互の目乱れと
見えますが仔細に観察すると長谷部国信あたりの作品と考えられます。
見所の多い作品で刃中の働きが横溢で砂流、金筋が良く見て取れ帽子は掃き掛け
研磨によってはかなり皆焼が良く見えてくるでしょう。
しかしながら本作の研磨は落ち着いた薬品を使用しない研磨で
この研磨方法を好まれる方もおられるでしょう。
飽きの来ない皆焼の刃紋は魅力のある作品と言えます
皆焼の刃紋は珍しく是非御薦めしたい作品と言えます

時代背景:戦国時代

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Tanto in Shirasaya (NBTHK Hozon Token)

Signature : Sukemune (Shimada)

Sayagaki: Shimada Sukemune 
Blade length is 7sun 7bu
In Showa Hinoe-Uma(1966) Shiwasu(December)
Written by Dr. Kanzan.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foild single habaki.
Blade length : 23.2 cm or 9.13 inches. 
Sori : 0.1 cm or 0.03 inches. 
Mekugi :  2
Width at the hamachi : 2.23 cm or 0.87 inches. 
Kasane : 0.51 cm or 0.20 inches.
Era : Late Muromachi period
Shape : Regular width and thickness. About 3cm Suriage and Machiokuri.
Jigane : Ko Itame Hada and Ko Mokume Hada mixed with Jinie attach.
There are Chikei.
Hamon : From Hamachi is Kogunome Midare with Notare-Ba.
Boshi is pointed shape and Yakizage Hitatsura style.
In the Ha, there are Sunagashi and Kinsuji.

Special feature: Shimada Sukemune was active from Bunan to Tenbun era.
They were swordsmith of Suruga province and succeeded to the SoShu Den. One of that school is Hirosuke and Motosuke.
Mainly their style is Hitatsura. Some blades similar to Hasebe school.

From Aoi Art: The Hamon is Hitatsura. At a glance, the Hamon is looked Gunome Midare with thick Niokuchi. 
We checked in detail, the blade looks like Hasebe Kuninobu. There are many effects of Jiba.
We never get weary of looking at this Hitatsura blade.
It is a rare and highly recommended this Tanto for you.

NBTHK Hozon Token 
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.