カテゴリー: 
開始価格: 
¥250,000
上昇単位: 
¥1,000
1583198820
入札数 : 

短刀(小刀):白鞘入り

銘:正峯作之(人間国宝)

現代刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は正峯としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:12.1センチ
反り:0.0センチ
目釘穴:0個
元幅:1.32センチ
重ね:0.2センチ
時代:現代
体配:体配の良い小刀です。
地鉄:小板目肌実に良く詰んで良く見ると細かな地景が入る。
刃紋:小錵出来、互の目乱れに足が良く入り、
刃中、細かな金筋が働き帽子先尖って鋭く返り、先、掃掛となり匂口深い。

特徴:隅谷正峯(本名与一郎)は大正十年(1921)生まれの石川県松任市の刀匠。
昭和十六年(1941)立命館大学を卒業後、立命館日本刀鍛練研究所に入所し桜井正幸に学んだ。
昭和十七年(1942)より独自の作刀研究を始めた。
終戦後は昭和二十九年(1954)に作刀承認を受け、
昭和三十一年(1956)には故郷 の松任で日本刀鍛練所傘笠亭(さんりゅうてい)を新築し、
本作もここで製作された。昭和四十一年(1966)に無鑑査刀匠となり、同時に審査員となった。
昭和39(1964)、41(1966)、44(1969)年、平成元年(1989)には
伊勢神宮式年遷宮御神宝太刀を製作した。皇室とのつながりも深く、
平成二年天皇陛下即位の大礼の宝刀、平成三年に秋篠宮眞子内親王殿下の守り刀、
平成五年には皇太子妃雅子殿下の御護短刀、平成六年に秋篠宮佳子内親王殿下の守り刀を作製。

葵美術より一言:昭和三十年(1955)の第一回作刀技術発表会から
三十八回にわたって連続出品を重ねた。備前伝を追求し、所謂「隅谷丁字」を完成させ、
現代刀に丁字刃の流行をもたらす先駆けとなった。
本作も躍動感に溢れる見事な刃紋である。鎌倉時代の製鋼法を研究し
自家製鋼を行った古調な地鉄も味わい深い。備前伝のみならず相州伝にも優れた作品を残し、
外装を含む小刀・刀子の製作も行った。
昭和56年(1981)、刀剣製作では四人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)となった。
平成十年(1998)十二月に没した。本作は彼の小刀であり素晴らしい地金に
清麿を思わせる作品で研磨も最上で正に傑作刀といって良い小刀です。
短刀として登録証もついております。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Tanto(Kogatana) in Shirasaya

Signature: Masamine (Living National Treasure)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to yo Jyo saku Jyo Saku Regular saku J ranking.
The blade was polished.
Habaki : Silver single habaki.
Blade length: 12.1 cm or 4.76 inches. 
Sori : 0.0 cm or 0.0 inches. 
Mekugi : 0
Width at the hamachi : 1.32 cm or 0.51 inches. 
Kasane : 0.2 cm or 0.07 inches.
Era : modern times.
Shape : Nice shape Kogatana.
Jigane : Ko Itame Hada well grained. There are Chikei.
Hamon : Ko Nie Deki, Gunome Midare with many Ashi.
In the Ha, there are fine Kinsuji. 
Boshi is pointed and Hakikake style with thick Niokuchi.

Special feature: Sumitani Masamine, born Sumitani Yoichiro in 1921 was a swordsmith in Ishikawa pref. 
Major in mechanical engineering and graduated from Ritsumeikan University in Kyoto, 
he entered the research institute of Japanese sword on the campus in 1941 and learned under Sakurai Masayuki, 
the second son of a famous swordsmith Sakurai Masatsugu. After that, he moved to Onomichi city in Hiroshima pref.
and learned to forge and polishing sword at Kokoku Nihonto Tanren-Jo with his sworn brother Yokota Masamitsu.

From Aoi Art: In the postwar Japan, Masamine set up his own smithy named Sanryutei in 1956 and studied Bizen-den. 
He forged special swords to dedicate the Ise-jingu shrine in 1964, 1966, 1969 and 1989. 
He became a Mukansa-tosho and a judge of the annual sword-making competition held by NBTHK in 1966. 
In pursuit of Bizen-den, he completed especially choji-midare hamon called Sumitani-Choji. 
He also studied old iron manufacturing in the Kamakura period 
and reproduced the classical texture of jitetsu.
Masamine was designated as one of the preservers of Important Intangible Cultural Assets, popularly known as Living National Treasures in 1981. He passed away in 1998.

Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.