カテゴリー: 
開始価格: 
¥280,000
上昇単位: 
¥1,000
1567473900
入札数 : 

刀:拵え入り

銘:平安城沖芝信昭作之
昭和五十四年八月日

現代:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は平安城沖芝信昭としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ: 銀一重
刃長:73.9センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:3.17センチ
先幅:2.15センチ
重ね:0.65センチ
刀身重量:795グラム
時代:現代
体配:身幅が広く重ね厚く反りが適度に付き切先やや延びる。
地鉄:小板目肌実に良く練れて地錵が付き
綺麗な地鉄となり所々地景が入る。
刃紋:錵出来互の目乱れ小足、葉が働き刃中、砂流、金筋が働く
はばき元から15cm近くに膨れがあります。
帽子:丸く乱れ込む。

特徴:平安城沖芝信昭は大阪の刀工で沖芝信重の門人で
京都出身で昭和25年11月4日に生まれる。

拵:
鍔:木爪型鉄鍔に花の文様を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:鉄地に植物の図柄を彫る。
鞘:黒呂色鞘
目貫:蜻蛉の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作は研磨がほどこされ拵えも付いております。
居合刀としてお勧め致します。
重量は795グラムとそれ程重くはなく居合刀としてお勧めが出来ます。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in  Koshirae.

Signature : Heianjo Okishiba Nobuaki Saku Kore
Showa 54 Nen 8 Gatsu Hi (August 1979)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold failed J single habaki.
Blade length : 73.9 cm or 29.09 inches. 
Sori :1.4cm or 0.55 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.17cm or 1.24 inches. 
Width at the Kissaki : 2.15 cm or 0.84 inches. 
Kasane :0.65 cm or 0.25 inches.
The weight of the sword  795 grams.
Era : Gendai (modern times)
Shape : The blade is wide and thick with suitable sori and longer kissaki.
Jigane :koitame hada awol grained with jinie attach clear texture.
Hamon :Niedeki gunome midair with small ashi and yo work and also 
sunagashi, kinsuji work. about 15 cm a Fukure appeared but not bad.

Special feature:Heianjyo Okishiba Nobuaki was working at Oosaka 
who was born in Kyoto in November 4th, Showa 25th(1950).

Koshirae : 
Saya :black color saya.
Tsuba :Mokko style iron stub, flower desing is engraved with gold color.
Menuki : Dragonfly is engraved by syakudo with gold color.
Fuchikashira: on the iron plate. flower design is engraved.

From Aoi Art : This sword was polished perfectly and also with Koshirae.
The sword is suitable for Iai practice.
The weight is 795 grams and well balanced.

Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.