カテゴリー: 
開始価格: 
¥950,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥950,000
1563585900
入札数 : 
1

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:無銘(千手院)

鞘書:粟田口国安 刃長貳尺貳寸九分 薫山先生鞘書

古刀:末古刀:
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は千手院としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着二重
刃長:69.3センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:3個
元幅:2.72センチ
先幅:1.91センチ
重ね:0.58センチ
刀身重量:655グラム
時代:鎌倉時代初期頃
体配:身幅、重ね尋常な腰反りがあり
上に行くに従いうつ伏せ心の体配となり、時代の古さを感じさせる。
地鉄:板目肌に杢目肌が混じり地錵が付き
映りが現れ精良な地金となり、鎬地も同様な板目肌に杢目肌が交じる。
刃紋:小錵出来直刃を基調として小足が入り
匂口が深く刃縁が柔らかく品格のある刃紋となる。
刃中、細かな砂流、金筋が働く。
帽子:のたれ込んで先掃掛となる。

特徴:千手院一派は平安時代後期あるいは、もっと遡ると考えられる大和一派の作品です。
千手院派の刀鍛冶達は大和国奈良の東大寺に、隷属する僧形の主落する承仕法師であり、
もっぱら東大寺の僧兵達のために鍛刀を行なっていたという。
若草山麓の千手谷で鍛刀していたが、同地に千手観音を本尊とする千手院堂が所在していたため、
れがそのまま派号となった。大和国の他の刀工流派である手掻・当麻・保昌・尻懸とともに、
大和五派と呼ばれるが、その中でも最古の流派であるとされる。

葵美術より一言:本作の体配は生茎の姿をし腰で反り上に行くに従いうつ伏せ心となる。
勲山先生は山城の粟田口国安と鑑定されましたが
刀剣博物館では千手院と鑑定がなされております。
私見ではうつぶせごころの反りがある所から
時代が古く鎌倉初期頃の山城の作品とも考えられます。
なお刀身にははばき元より20cmの差裏の鎬に棟に切り込み瑕が残る。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Shirasaya(NBTHK Tokubetsu Hozon paper)

Signature : Mumei(Senjuin)

Sayagaki: Awataguchi Kuniyasu
Blade length is 2shaku2sun9bu
written by Dr. Kunzan.

Koto: Sue Koto:
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled single habaki.
Blade length : 69.3 cm or 27.28 inches. 
Sori : 1.7 cm or 0.66 inches. 
Mekugi : 3
Width at the hamachi : 2.72 cm or 1.07 inches. 
Width at the Kissaki : 1.91 cm or 0.75 inches. 
Kasane : 0.58 cm or 0.22 inches.
The weight of the sword  655 grams.
Era : Early Kamakura period.
Shape : Regular width and thickness Katana with Koshi Zori.
The shape is elegant old style.
Jigane : Itame Hada and Mokume Hada with Jinie attach.
Hamon : Ko Nie Deki, Suguha base with Ko-Ashi.
The Nioikuchi is thick. The Habuchi is soft. The Hamon is graceful.
In Ha, there are fine Sunagashi and Kinsuji.
Boshi is Notare and Hakikake style.

Special feature: This sword is attributed to the Senjuin school of Yamato province. 
Senjyuin is the name of a subsuduary temple of the Todai-ji temple at Nara. 
There were two schools: one had its origin in Yukinobu circa Ninhei (1151), consisted of Yukiyoshi, 
Yoshiyuki, Ariyuki, Yukimasa, etc. The other had its origin in Shigehiro, circa Nin-an (1166), 
consisted of Shigenaga, Shigemura, Yasumura, Shigehisa, etc. The Senjyuin temple was destroyed in 1567 
because of Hidehisa Matsunaga's troop set it on fire. As the result the school had disappeared.

From Aoi Art: This blade has Ubu Nakago with Koshizori shape.
Dr. Kunzan's Sayagaki said that this blade is attribute as Awataguchi Kuniyasu. But the NBTHK judged as Senjuin.
In my opinion, this blade looks old and we guess that balde was made 
early Kamakura period. It looks like Yamashiro's one.
There is a Kirikomi-Kizu on the Mune to Shinogi(about 20cm from the Habaki).

NBTHK Tokubetsu Hozon Token 
whole Oshigata: Aoi Art estimation paper.