カテゴリー: 
開始価格: 
¥780,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥780,000
1558142880
入札数 : 
1

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:兼延

末古刀:上作:尾張
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は兼延としては上々作にランクされる作品です。
上研磨済み
ハバキ:金着一重
刃長:47.7センチ
反り:0.7センチ
目釘穴:2個
元幅:2.7センチ
先幅:1.96センチ
重ね:0.50センチ
時代:室町時代中期頃
体配:摺上げられて折り返し銘の作品で
兼延と銘が有る
地鉄:小板目肌よく練れて潤いがあり
細かな柾目が交じる
刃紋:錵出来直刃明るくさえる。
帽子、乱れ込んで先尖りごころに掃掛となる。
刃に沿って金筋が働く。

特徴: 兼延と銘を打つ刀工は美濃、近江、尾張、加賀にも存在するが
本作は尾張の兼延で一見すると直江志津の兼延に酷似する。
本作の兼延は穏やかな直刃出来ですが地金が潤いのある肌目が
良く見て取れる地金で地錵が良く付地景が入る作品で
切先の刃紋は乱れ込んで先、掃掛となり刃に沿って金筋が働き見事な作品です。
刃中の働きは単純な直刃ではなく二重刃がからんだりして技量の高さを感じさせます

拵:見事な 十二支の図柄を高彫りし
金の色絵をほどこした見事な作品
鍔:木爪型赤銅魚魚子地に十二支の動物を金で象眼をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に十二支の動物を金で象眼をほどこす。
鞘:黒呂色鞘
目貫:片面に猿の図柄を赤銅で高彫りし金で象嵌をほどこす。
裏面には馬と鳥を高彫りし金の色絵をほどこす。
返り角:赤銅魚魚子地に鳥と兎を高彫りし
金で象嵌をほどこす。
栗形:赤銅魚魚子地に馬、犬、羊、猪、牛の図柄を金で象眼をほどこす。
裏瓦:赤銅魚子地に蛇、猿、鼠を高く彫りし金で色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に羊、鼠、馬、虎、龍を高彫りし金の色絵をほどこす。
笄:兎、猪、犬の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:刀身は室町時代中期頃の作品で
瑕欠点のない折り返し銘でありますが兼延と銘が有ります。
尾張の兼延であります。昨今直江志津であるとされた作品が
兼延として鑑定される作品が多く、地金が直江志津に酷似しており
高技量の刀工であった事が証明されております。
拵えは見事な赤銅魚魚子地に十二支の動物が高彫りし
金の色絵又は象嵌で彫られております。
最近見かけない素晴らしい十二支の見事な作品です。

葵美術正真鑑定書:特別保存刀剣鑑定書:全身押し形

 

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)

Signature : Kanenobu

Sue Koto: Jyo saku: Owari
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Gold foiled single Habaki.
Blade length : 47.7 cm or 18.77 inches. 
Sori : 0.7 cm or 0.27 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.70 cm or 1.06 inches. 
Width at the Kissaki : 1.96 cm or 0.77 inches. 
Kasane : 0.50 cm or  inches.
Era : middle Muromachi period.
Shape : Suriage, Orikaeshi Mei Wakizashi.
Jigane : Ko Itame hada well grained with fine Masame.
Hamon : Nie Deki, bright Suguga. 
Boshi is Midarekomi and Hakikake style. 
There are Kinsuji.

Special feature: In Mino, Oumi, Owari and Kaga, there were some sword smith who called as Kanenobu. 
This Kanenobu is Owari province. But at a glance, this blade looks like Naoe Shizu Kanenobu. 
The texture is easy visible.
This Hamon is calm Suguha. And not only simple Suguha, there are double Ha.

Koshirae : 
Saya : Black Roiro Saya.
Tsuba : Mokko shape Shakudo Nanako Tsuba, the twelve sings of the Chinese zodiac are engraved with gold inlay.
Menuki : monkey is engraved with gold color.
On the back side, horse and bird are engraved with gold color.
Fuchikashira: Shakudo Nanako, the twelve horay sings are engraved with gold inlay.
Kaeri Tsuno: Shakudo Nanako, bird and rabbit are engraved with gold color.
Kurikata: Shakudo Nanako, horse, dog, sheep, wild boar and cow are engraved with gold color.
Ura Kawara: Shakudo Nanako, snake, monkey and mouse are engraved with gold color.
Kozuka: Shakudo Nanako, sheep, mouse, horse, tiger and dragon are engraved with gold color.
Kogai: Rabbit, wild boar and dog are engraved with gold color.

From Aoi Art: This blade was made around middle Murokachi period.
The Jigane is similar to Naoe Shizu. We are able to be satisfied with his hight skill.
The Koshirae is very rare motif(twelve sings of the Chinese zodiac ).
We recommend this sword for you.

AOI ART estimation Paper: NBTHK Tokubetsu Hozon Token 
whole Oshigata.