カテゴリー: 
開始価格: 
¥250,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥250,000
1558402800
入札数 : 
1

短刀:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:一秀 (二代 池田一秀)

新々刀:中上作:羽前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は一秀としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金色絵一重はばき。
刃長:23.9センチ
反り:0センチ
目釘穴:1個
元幅:2.28センチ
重ね:0.45センチ
時代:江戸時代末期
体配: 身幅、重ね尋常な体配の良い短刀姿
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:刃区より直刃に小乱れとなり匂出来丁字乱れに
小互の目に足が良く働き帽子のたれて
丸く返り刃中に長い金筋が働く。

特徴:本作は池田龍軒一秀による作品です。
一秀は庄内坂井家の刀工で水心子正秀の門下で学んだ。
師匠の正秀に似た作風で、出来優れた作品が多い。
天保12年5月に他界。

拵:
鞘:黒塗り鞘
笄:赤銅地に文様を金で色絵をほどこす
目貫:赤銅地で花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:この短刀は池田一秀の良く出来た作品で
地金は師匠の水心子正秀の如く詰んだ地金で
丁字乱れで足が長く刃先に達する出来で
そこに長い金筋がくねくねと働き清麿を思わせる風情の作品です。
若干薄錆が出ておりますが刃も明るく楽しめる作品です。
是非御薦めしたい作品です。

時代背景:文化文政時代は徳川家斉治下にあたり、
江戸を中心として発達した文化で浮世絵や滑稽本、
歌舞伎、川柳など、一般に現代に知られる江戸期の
町人文化の全盛期にあたり、国学や蘭学の大成した時期でもある。
時代:江戸時代文化 1804年 215年前

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Tanto in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Kazushide (Ikeda Isshu, 2nd generation)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :gold color single habaki.
Gold color single habaki.
Blade length : 23.9 cm or 9.40 inches. 
Sori : 0 cm or 0 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.28 cm or 0.89 inches. 
Kasane : 0.45 cm or 0.17 inches.
Era : Late Edo period Bunka era. 1804(215 years ago)
Shape : The boade is regular wide and thick smaller size.
Jigane :Koitame had well grained with jinie attach beautiful nice texture.
Hamon :Konie deck suguha from the Hamachi area 
and then gunome midare continuously up to Kissaki area.
In side of the Hamon, many Kinsuji work Boshi is Notare
and round shape .

Special feature:This blade was made by Ikeda Ryuken Kazuhide.
Kazuhide was swordsmith of Shonai Sakai clan.
He studied under Suishinshi Masahide.
His blades looks like Masahide blades, and deki is good.
He passed away in May of 1841.

Koshirae : 
Saya :black color saya.
Menuki : Flower design is engraved by syakudo plate
Kogai: On the syakudo plate, some design is painted.

From Aoi Art : Ikeda Issyu was a student of Masahide 
who was a great sword master. This Tanto looks Kiyamaro 's 
sword which has a lot of long Kinsuji and Ginsuji scatter in Hamon.
There are some light rusts. But it is not so serious.
He accomplished remarkable Kinsuji hamon in the hamon like Koyamaro.
I recommend this fantastic Tanto for you.

Aoi Art estimation paper 
NBTHK Hozon Kanteisyo: whole Oshigata.