カテゴリー: 
開始価格: 
¥932,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥932,000
1594172100
入札数 : 
11
薙刀:白鞘入り(特別保存刀剣)
 
銘:肥前国住陸奥守忠吉
 
(肥前:最上大業物:新刀上上作)
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は肥前国住陸奥守忠吉としては 上々作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:銀一重
刃長:49.1センチ
反り:2.3センチ
目釘穴:1個
元幅:2.87センチ
重ね:0.71センチ
時代:江戸時代寛文の頃
体配:長さ十分な薙刀
地鉄:小板目に小杢目肌詰んで精良な地金となる。
刃紋:錵出来直刃小足が入りやや匂口が深く
物打ち近辺から匂口がより深く帽子丸く返る。
 
特徴: 陸奥守忠吉は近江大掾忠広の嫡子で、忠吉三代目を継いでいる。
万治3年に陸奥大掾を受領、翌寛文元年には陸奥守に転じ
父の2代忠広の制作を助け50歳で歿している。作品が比較的少ない。 
特に地金の美しさは抜群であり2代忠広銘の中に代作として
陸奥が制作した品物が多く代作であっても尊ばれている。
本作は陸奥守忠吉には珍しい薙刀の作品でありきわめて珍しい。
重要刀剣18回と19回に陸奥守忠吉の薙刀があり
本作も期待が持てる作品であります。
本作は刃紋の錵出来互の目乱れに地金の美しさが抜群で研磨も最上の出来であります。
私見では陸奥守忠吉は肥前刀の中で最も優れた作品であると思われます。
 
葵美術より一言:前国住陸奥守忠吉は比較的制作本数が少なく初代、
二代の作品の手助けを行った為と考えられます。
又亡くなったのが50歳の為も制作本数が少ない事の理由と言えます。
多くの愛刀家の垂涎の刀でなかなか市場に出回ってきません。
地金が良く是非御薦めしたい作品です。
 
 
特別保存刀剣鑑定書
葵美術正真鑑定書:全身押し形
 
Naginata in Shirasaya(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)
 
Signature: Hizen Koku Ju Mutsu Kami Tadayoshi
 
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to jyo-Jyo Saku  ranking.
The blade was polished by high ranking polisher.
Habaki : silver single habaki.
Blade length : 49.1 cm or19.33 inches. 
Sori : 2.3cm or0.9  inches. 
Mekugi: 1 
Width at the hamachi: 2.87cm or 1.13 inches. 
Kasane : 0.71cm or 0.28 inches.
Era : Edo period Kanbun era.
Shape: The blade is rather wide and thick with deep sori Naginata.
Jigane : Koitame hada and komokume hada mixed quite well grained Hizen Konuka hada.
Hamon : Niedeki suguha with small ashi.
Boshi is round shape kissaki is slightly Hakikake.
 
Special feature: Mutsu Kami Tadayoshi was a legitimate child 
of the 2nd generation Oumi Daijyo Tadahiro and succeeded 
3rd generation. He got the title of the Mutsu Daijyo 
at Manji 3rd year and changed the title to Mutsu    
Kami at Kanbun 1st year. His posthumous work is very few because he helped a lot for his father Tadahiro.
We can see some beautiful Tadahiro 
which were made by 3rd generation Mutsu Kami Tadayoshi.
Especially the Jigane of the Tadayoshi is excellent and difficult 
to compare other swordmakers.
This Naginata also fantastic Jigane and also nice Hamon.
Jyuyo token number 18 and 20th were selected 
that the Mutsu Daijyo Tadayoshi as Jyuyo token.
He doesn't make many swords during his life.
It is very precious. The blade was evaluated as saijyo Oowazamono 
which means the most cut well sword in sword ranking.
We recommend this Naginata for you.
 
From Aoi Art: It is very rear for seeing Mutsu Kami Tadayoshi. 
The blade is healthy naginata, especially Fantastic Jigane and Hamon.
 
NBTHK Hozon Tokubetsu hozon paper.
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.