カテゴリー: 
開始価格: 
¥252,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥252,000
1550970000
入札数 : 
3

短刀:白鞘入り(特別貴重刀剣)

銘:無銘(平安城弘幸)

新刀:上作:業物:山城
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(平安城弘幸)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着一重
刃長:28センチ
反り:0センチ
目釘穴:2個
元幅:2.85センチ
重ね:0.58センチ
時代:江戸時代慶長の頃 1596年
体配:身幅が広く重ね厚く三つ棟となり
表に品の良い彫りと添え樋を彫り裏には二筋樋を彫る。
片切り刃となり体配の良い作品です。
地鉄:柾目が良く詰まり美しい地金となる。
刃紋:錵出来直刃、二重がかり切先、掃掛て返りが深い。

特徴:堀川国広の弟子で片切り刃の作品を多く制作する。

葵美術より一言:平安城弘幸と刀剣は刀剣博物館では鑑定されたが
仔細に観察すると柾目鍛えとなりやや異なる感じが致します。
地金の柾目が詰まり再度研磨を行うと柾目がもっと強調されると考えられます。
いずれにせよ刀身の見事な彫りと地金の精美さ刃紋の品格さを感じさせる見事な作品と言えます。
なぜ初無銘であったのか惜しまれますが健全であり献上品であったのかも知れません。
抜群片切り刃で見事な体配である短刀を是非御薦め致します。

時代背景:室町時代末期から江戸時代初期にかけて
国内は戦乱となり激動の世界となり徳川家康により統一されつつある時代。

葵美術正真鑑定書: 特別貴重刀剣
全身押し形

Tanto in Shirasaya(NBTHK Tokubetsu Kicho Paper)

Signature : Mumei (Heianjo Hiroyuki)

Shinto: Jyo Saku: Wazamono: Yamashiro
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyojyo saku anking.

The blade was polished.
Habaki :Gold foiled single Habaki.
Blade length : 28 cm or 11.02 inches. 
Sori : 0 cm or 0 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.85 cm or 1.12 inches. 
Kasane : 0.58 cm or 0.22 inches.
Era : Edo period around Keicho era. 1596.
Shape : Wide and thick, Mitsumune style Tanto.
There are Hi on both side of the blade. Katakiri-Ba Tanto.
Jigane : Masame well grained. The Jigane is beautiful.
Hamon : Nie Deki, Suguha Hamon. There are double Ha.
Boshi Hakikake style.

Special feature: Heianjo Hiroyuki was a sword smith of Yamashiro province.
He was a studend of Horikawa Kunihiro.
He made Katakiri-Ba style blade.

From Aoi Art: NBTHK Judged this blade as Heianjo Hiroyuki.
The Jigane, engraving and Hamon are elegant.
We recommend this rare and precious Katakiri-Ba Tanto for you.

NBTHK Tokubetsu Kicho Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.