カテゴリー: 
開始価格: 
¥100,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥131,000
1550280900
入札数 : 
14

刀:白鞘入り(委託品)

銘:於武州江戸関善定尾吉時(刃切れがある)

新刀:良作:武蔵
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は上作としてはにランクされる作品ですが刃切れがあります。
研磨済み
ハバキ:岩石ハバキ金色絵
刃長:65.9センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:2.77センチ
先幅:1.82センチ
重ね:0.59センチ
時代:江戸時代、寛文の頃
体配:身幅、重ねやや狭く反りの浅い寛文新刀の体配をした作品
切先から約21cm下の所に刃切れがあります。
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き精良な地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れとなり刃中煙る様な感じの刃となる
帽子、乱込んで掃掛風となる。

特徴:善定吉時は元美濃の刀工で3代頃迄続く刀工群で
綺麗な地金に互の目乱れに刃中、砂流、細かな金筋が働くが
残念ながらこの刀には刃切れがあります。
しかしながら良く見ませんと識別が出来ない程です

葵美術より一言:実はこの品物は私が購入し研磨を行った上
審査にだしたのですが刃切れがある
旨連絡がありました。よくよくみますと識別出来ない程の
刃切れが発見され特別な価格で販売を致します。鑑賞には全く問題がありません。

葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya (consignment sale)

Signature : Oite Bushu Edo Seki Zenjyo O Yoshitoki (there is a Hagire)

Shinto: Ryo Saku: Musashi 
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking ranking.
The blade was polished.
Habaki : Shakudo stone rock style habaki gold color.
Blade length : 65.9 cm or 25.94 inches. 
Sori :1.4 cm or 0.55 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.77 cm or 1.09 inches. 
Width at the Kissaki : 1.82 cm or 0.71 inches. 
Kasane : 0.59 cm or 0.23 inches.
Era : Edo period Kanbun era.
Shape : The blade is rather slender ubu nakago 
with small siro and regular Kissaki.
Jigane :Koitame hada well grained with jinie attach beautiful nice texture.
There is a Hagire about 21cm from the Kissaki.
Hamon :Nie deki gunome midare and inside 
of the hamon looks misty feeling.

Special feature: Zenjyo Yoshitoki was a Mino sword maker 
and moved to Edo and continued 3rd generation.

From Aoi Art:I bought this sword several years ago 
and after the polishing I sent the blade to NBTHK shinsa 
but NBTHK staff said that the blade has Hagire.  
I checked carefully and found a tiny hagire which is very difficult 
to distinguish so I want to sell the blade very low price.

Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.