カテゴリー: 
開始価格: 
¥150,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥166,000
1547514000
入札数 : 
8

脇差:拵え入り(保存刀剣)

銘:無銘 (宇多友次)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(宇多友次)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
素銅地と金着二重はばき
刃長:1尺3寸1分(39.4センチ)
反り:2分5厘 ( 0.757センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.93センチ
重ね:0.66センチ
時代:室町時代永正の頃
体配:平打ちの作品で表裏に棒樋と添樋を彫る
地鉄:板目肌、肌立ち地錵が付き細かな地景が入る。
刃紋:小錵出来、足良く入り葉が働き
刃中、砂流が柔かかく入ろ細かな金筋が働く。

特徴:加賀、越中共に友次が活躍するが
刀剣博物館では宇多友次と鑑定されました。
制作年代は地金の良さと刃紋の良さが時代の上がる作品と
考えられ永正頃の作品と考えられます。

拵:
鍔:赤銅地に藤の花を金で色絵をほどこす。
縁: 赤銅地 頭:角
鞘:黒呂色鞘。
目貫:猪の図柄を金無垢で彫る

葵美術より一言:無銘でありますが宇多友次に鑑定された作品です。
地金が肌立ち黒味のする作品で互の目乱れ風に
刃中の働きが横溢で室町時代末期より上がる作品と言えます。
状態も良く良く練れた作品ですのできっとご満足頂けると考えます。

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

Wakizashi in Koshirae.(NBTHK Hozon Paper)

Signature : MUMEI(UNSIGNED) attributed as UDA TOMOTSUGU.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Saku  ranking.
The blade was polished.
Habaki :copper and gold wrapped double habaki.
Blade length : 39.4 cm or 15.5 inches. 
Sori :cm 0.757 or 0.3 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.93 cm or 1.153 inches. 
Kasane : 0.66 cm or 0.26 inches.
Era : Muromachi period. Eisyo era.
Shape : Hirauchi Wakizashi.
On both sides of the blade engraved bo-hi and also soehi.
Jigane : Itame Hada, Hadadatsu with Jinie attach. There are Chikei.
Hamon : Niedeki suguha based and kogunome midare with ashi scatter .
Boshi is round shape hakikake style.

Special feature: NBTHK paper said that the blade is Uda Tomotsugu 
This sword is nice Jignae so the era is rather old orobably Eisyo era.

Koshirae : 
Saya black roiro saya.
Tsuba : On the plain syakudo plate,Japanese wisteria is painted,
Menuki : wild bore is engraved by solid gold.
Fuchi: Shakudo.
Kashira: black horn.

From Aoi Art: This sword is mumei attributed as Uda Tomotsugu.
The blade is healthy attractive sword without Kizu and flow.

Aoi Art estimation paper : NBTHK hozon paper.
whole Oshigata.