カテゴリー: 
開始価格: 
¥780,000
上昇単位: 
¥1,000
1547602980
入札数 : 

脇差:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)

銘:無銘(青江)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(青江)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地と金着二重はばき。
刃長:51.6ンチ
反り:0.9センチ
目釘穴:2個
元幅:2.98センチ
先幅:2.27センチ
重ね:0.657センチ
時代:南北朝時代 13622年
体配:大摺上無銘。棒樋を彫り身幅が広く重ね厚く反り適度に付き
切先が延びた体配の脇差。
地鉄:小板目肌よく練れて詰み地錵が付き
縮緬肌を思わせる地金となり映りが現れる。
刃紋:小錵出来、直刃刃文に
小足、鼠足が働き帽子、のたれて小丸に返る。

特徴:青江派は備中高梁川下流域を中心に繁栄し、多くの名作を残したが、
鎌倉時代中期頃より南北朝期頃までのものが青江、
それ以前のものが古青江と呼ばれる。室町時代になると全く衰退している。
作風は地肌に澄み肌が出る事、刃紋に逆乱れや逆足入り、
備前物に比べて地鉄が硬いのが見所とされる。
本作は大磨上無銘ながら同派の特色を良くあらわしている。

拵:
鍔:円形の鉄鍔に太鼓、鼓、などを高彫りし金の色絵をほどこし透かす。
縁頭:赤銅魚魚子地にサクラの満開の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒漆刻み鞘。

目貫:金無垢で獅子の図柄を高彫りする。
小柄:赤銅魚魚子地に鼓,花を高彫りし金の色絵をほどこす。
鐺:銀と金を少し入れ奈々子地

葵美術より一言:青江一派は直刃出来が多く本作も同様で
明るく冴えて刃中に鼠足、小足が刃入り帽子はのたれて返る作品が多い。
地には澄肌が出る作品が多いが本作にはあまり目立たず
地金は縮緬肌の一部が見てとれる。先幅と元幅があまり変わらず
大切先の為豪壮な感じを受けます。
最近はやや入手難の作品でしっかりとした魅力的な作品ですので。是非お求め下さい。
拵えはしっかりとした作品で目貫は金無垢?と考えられます。
出来が良く刀身の良く合った作品です。

時代背景:帽子が延び幅が広いので南北朝時代と考えられる。

葵美術評価鑑定書:特別保存刀剣鑑定書
全身押し形

 

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae. (NBTHKTokubetsu Hozon Paper)

Signature : MUMEI (AOE) 

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo-Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :copper and gold wrapped double habaki.
Blade length : 51.6 cm or 20.315 inches. 
Sori :0.9 cm or 0.354 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 2.98 cm or 1.17 inches. 
Width at the Kissaki : 2.27 cm or 0.89 inches. 
Kasane : 0.657cm or 0.259  inches.
Era : Nanbokucho period. 1362.
Shape : The blade is oo suriage mumei(cut shortened) wide 
and thick with bo-hi on both sides of the blade 
with suitable sori and long kissaki.
Jigane :Koitame hada well grained with jinie attach 
and Chirimen style jigane and Utsuru appear on the Ji.
Hamon :konie deki suguha with small ashi and Nezumi ashi.
Boshi:Notare and small round shape.

Special feature: The Aoe School had been prospered at the lower reaches of the Takanashi river 
in Bichu province.From middle Kamakura to Nanbokucyo perod is called Aoe school 
and more older sword which was made middle Kamakura to Hean period is called Koaoe school.
This sword belonged to Nanbokucyo period Aoe school.
This sword has typical special feature of Aoe school Chirimen hada with utsuri and notare round shape missaki.

Koshirae : 
Saya :Black roiro kizami saya.
Tsuba :On the round iron Tsuba, Japanese drum and Tsuzumi(Japanese instrument) and others are engraved.
Menuki : a shishi dog is engraved by solid gold?

From Aoi Art:Generally Aoe school made Suguha hamon like this sword.
The sword has utsuri on the ji and bright haon and clear.
Bo-shi is notare and then round shape.
Recently it is rather difficult to buy Aoe school sword.
The sword has small sumihada and rather hard feeling than Bizen school. Tha hamon is bright and clear and also typical shape of Aoe hamon.
The Koshirae will be fitted for this blade and also good condition and nice quality.

Aoi Art estimation Paper : NBTHKTokubetsu Hozon Paper
whole Oshigata.