カテゴリー: 
開始価格: 
¥400,000
上昇単位: 
¥1,000
1553218260
入札数 : 

刀:拵え入り(保存刀剣)

銘:法華三郎信房
昭和十九年新春

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 法華三郎信房としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
軍刀はばき
刃長:67.8センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:1個
元幅:3.12センチ
先幅:2.31センチ
重ね:0.78センチ
時代:昭和 戦時中
体配:体配:身幅、重ね共にしっかりとした反りのある体配の良い刀。
地鉄:板目が肌立ち地沸がよく付き肌目の良く見て取れる。
刃紋:沸出来互の目乱れ逆さ丁字乱れが混じり刃中、砂流、金筋が良く働く。

特徴:本作は七代法華三郎信房によるもので、青江風の逆丁字を焼き、
刃中に金筋が良く働き評価のあった刀工。終戦となってほぼ刀鍛冶を八代信房に譲る。
その後八代信房は柾目の作品を主体として作刀を行う。現在活躍中の信房は高橋氏で
柾目肌を専門に作刀をし無鑑査として活躍され、宮城県重要無形文化財に指定されるなど、
一門は大変高く評価されている。

拵:陸軍軍刀拵え入り 上作

葵美術より一言: 法華三郎信房は宮城県の刀工で初代は小板目肌の作品を制作するが
二代になると柾目鍛えを制作しその後代々柾目鍛えで踏襲され無鑑査刀匠として名をなす事となった。
9代目が無鑑査刀匠として活躍し現在は10代目がその流れを汲んで制作に励んでおります。
本作は初代法華三郎信房 了雲の作品で青江写しを見事に制作しております。
一見すると新々刀の上作を思わせる傑作刀であります。
又本作は陸軍軍刀拵えに入っており大変珍しい事です。滅多に出てこない初代の傑作刀で当時の陸軍軍刀が付いております。 
是非お求め下さい。なを法華三郎信房は通常銘は表銘のみですが
本作は 昭和19新春と銘があり極めて珍しく珍品といえます。
中心穴の上部に星のマークがあり又下部にヤ368と彫られているのは陸軍又は海軍の注文に応じた作品とも考えられますが
年期のある(昭和19年新春)作品は初めての作品(私は100本以上の信房をみている)で
初代信房の希有な資料といえます。今後の研究が待たれます。

時代背景:戦時中

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Koshirae.

Signature :Hokke Saburo Nobufusa.
Showa 19 Shinshun.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular
saku)
This sword belongs to Saijyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :Gunto-habaki
Blade length : 67.8cm or 26.69 inches.
Sori :1.4cm or 0.55 inches.
Mekugi :1
Width at the hamachi :3.12 cm or 1.22 inches.
Width at the Kissaki : 2.31 cm or 0.90 inches.
Kasane :0.78 cm or 0.30 inches.
Era :Syowa (during war)
Shape :The sword is wide and thick 
Jigane :Itame-hada, jinie attach. we can see Hadame well.
Hamon :Niedeki Gonomu-midare and Choji-midare mixed. Sunagare, Kinsuji work.
Special feature:
Recently sizable swords made before the end of
the Second World War appeared by chance.
Hokke Saburo Nobufusa made them during wartime.
He passed away before cutting the signature and unfinished
swords were left untouched after his death.
The Hokke family kept them in Miyagi pref. Hokke Saburo Nobufusa 
who made this sword worked in prewar days and during the war. 
He learned at Ichiryusai Sadatoshi and went under the name of Ryoun. 
Nobufusa’s son and grandson succeeded to the swordsmith name Nobufusa. 
The present Nobufusa also participates actively making highly–motivated swords.
He was designated an intangible cultural assets of Miyagi pref.
He is good at making traditional Masame-hada of the Yamato School called Hosho-utsushi.
The Nobuhusas are highly admired for generations from the Namboku-cho period until today.

Koshirae : Army nice mounting.

From Aoi Bijyutsu: Hokke Saburo Nobufusa first generation was working at Miyagi prefecture doring war time.
From 2nd generation made Masame hada and continued masame hada style as Hokke family. 
This sword looks Koto Aoe style sakasa çyiji midare hamon.
This sword is very rear item because of Uramei and also serial number added on the tang.
I saw somany Nobufusa but never seen Uramei(Nengo) and serial number. 
Probably Japanese army ordered this sword and made Uramei(Syowa 19Nen Sinsyun) 1944 early spring.
Anyway it is very nice data for studying first generation Nobufusa. 

Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.