カテゴリー: 
開始価格: 
¥230,000
上昇単位: 
¥1,000
1594171800
入札数 : 
脇差:拵え入り(委託品)
 
銘:横山上野大掾藤原祐定 備州長船住人(無保証)
寛文九年二月吉日
 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は横山上野大掾藤原祐定(無保証)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金と銀の変わり出来鎺で出来が良い
刃長:1尺3寸3分5厘(40.45センチセンチ)
反り:3分(0.9センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.86センチ
先幅:2.13センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代宝永の頃
体配:身幅、重ねしっかりとした反りのある脇差。切先が伸びる。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が良く付き綺麗な肌合いとなる。
刃紋:錵出来、匂口やや深く付く丸みを帯びた互の目乱れとなり切先が丸く返る
 
特徴:上野大掾藤原祐定は寛文四年に上野大掾を受領し、八十九歳と長命で刀剣を制作した。
しかしながら遺作はそれ程多くないのは刀剣の需要が
少なくなってきた時代が背景にあると考えられる。
本作は残念ながら銘に疑問があり無保証とさせて頂きます。
上野大掾藤原祐定は銘の極めて良く切られた偽銘の刀が多く
良く見ないと見誤ってしまう場合があり、恐らく当時から専門に偽作を制作していた
刀工があったと考えられ本作も銘だけでは中々見抜けない作品であります。
 
拵:
鍔:楕円形の鉄鍔にカマキリと思われる図柄を透かし彫りを施す。
縁頭:赤銅地、魚子仕立てに馬の図柄を御高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:青貝散らしに黒の編み目模様を描く
目貫:赤銅地に菊の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。
栗形:波の上にウサギが跳ねる図柄を金で色絵をほどこす。因幡の白ウサギからの引用か
鐺:四分一地の線模様を束ねて描く 因幡拵え
 
葵美術より一言:銘も良く切れておりますがどしても納得に行かない銘です。
作から江戸時代の祐定と考えられる作品ですが上野大掾祐定とは出来が異なり蟹の爪を
思わせる作品となります。出来は良く銘の改ざんがなかったなら評価される作品でありました。
拵えも出来が良くお薦め出来る作品です。
 
無保証
葵美術評価鑑定書:全身押し形
 
Wakizashi in Koshirae.(consignment sale)
 
Signature : Yokoyama Kozuke Daijo Fujiwara Sukesada (not guarantee)
Bishu Osafune Junin
Kanbun 9 Nen 2 Gatsu Kichijitsu
 
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyo-jyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Silver and gold foiled double Habaki.
Blade length : 40.45 cm or 15.92 inches.
Sori : 0.9 cm or 0.35 inches. 
Mekugi :  1
Width at the hamachi: 2.86 cm or 1.12 inches. 
Width at the Kissaki: 2.13 cm or 0.83 inches. 
Kasane : 0.7 cm or 0.27 inches.
Era: Edo period around Houei era.
Shape: Wide and thick Wakizashi.
Jigane: Ko Itame Hada well grained with Jinie attach.
Hamon: Nie Deki, Gunome Midare with thick Nioikuchi.
Boshi is a round shape.
 
Special feature: Kozuke Daijo Fujiwara Sukesada got the title of Daijyo at Kanbun 4th. He spent a long life until 89 years of age.
Unfortunately, the signature is not reliable so we don't guarantee the signature.
The signature is very cloth of genuine signature.
The sword itself good Jigane so the sword looks like Tsuguhiro Echizen province.
Even if the blade is Gimei, the sword is good Jigane, and hope to enjoy it.
 
Koshirae : 
Saya: Black Saya with Aogai Chirashi and pattern.
Tsuba: Round shape iron Sukashi Tsuba.
Menuki: Shakudo, flowers are engraved with gold color.
Fuchikashira: Shakudo Nanako, a horse is engraved with gold color.
Kurikata: Wave and rabbit are engraved with gold color.
Kojiri: Shibuichi plate.
 
From Aoi Art: At a glance, the signature looks good.
But we have doubts about it. From the works, the blade was made around Edo period. This is different from Kozuke Daijo Sukesada.
The Koshirae is nice.
 
not guarantee
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.