カテゴリー: 
開始価格: 
¥700,000
上昇単位: 
¥1,000
1594517400
入札数 : 
刀:白鞘入り(保存刀剣)
 
銘:無銘(伝 長船盛重)
 
中古刀:中上作:業物:応永:備前
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(伝 長船盛重)としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:75.2センチ
反り:2.4センチ
目釘穴:2個
元幅:2.8センチ
先幅:2.02センチ
重ね:0.52センチ
刀身重量: 705グラム
時代:室町時代初期応永の頃
体配:ほぼ生の状態をした作品で身幅、重ね尋常
反りが深く付き切先延びた体配をした作品です。
地鉄:小板目肌に小杢目肌が交り地錵が付き
淡い映りが現れ詰んだ地金となる。
刃紋:小錵出来丁字乱れに互の目乱れが交り
足、葉が良く働き帽子乱れ込んで先返る。
 
特徴:長船盛重は一般的に室町時代初期頃に活躍する。  
刀工辞典では盛光の子として伝えられ、刃紋は良く似ている。 
しかし地金は相当に異なり小板目肌が詰んで良く絞まっている。
 
葵美術より一言:本作の盛重はほぼ生茎であり、当時の体配が良く出ております。
長さ75.2cmと長く、反りが深い見事な体配をした作品で
地金が詰みほぼ匂出来の丁字乱れは見事です。
是非この見事な丁字刃の作品をお求め下さい。
 
保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

 

Katana in Shirasaya(NBTHK Hozon Token)
 
Signature: unsigned (Den Osafune Morishige)
 
Chukoto: Chujyosaku: wazamono: Oei : Bizen
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyojyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : Silver single habaki
Blade length: 75.2 cm or 29.60 inches. 
Sori : 2.4 cm or 0.94 inches. 
Mekugi:  2
Width at the hamachi: 2.8 cm or 1.10 inches. 
Width at the Kissaki: 2.02 cm or 0.79 inches. 
Kasane : 0.52 cm or 0.20 inches.
Weight of the blade: 705 grams
Era: The early Muromachi period Oei era.
Shape: The blade is regular size with deep sori and long kissaki. 
Jigane : Koitamehada  and komokumehada are missed 
eight jinie attach.  There are pale utsuri.
Hamon: Koniedeki Chojimidare and Gunomemidare are missed
with ashi and yo. Bo-shi turns back Midarekomi style. 
 
Special feature: Osafune Morishige made Katane 
in the early Muromachi period. In the Toko Jiten, 
he is said to be a son of Morimitsu. 
 
From Aoi Art: This Morishige has almost Ununakago. 
The long blade with deep sori is magnificent. 
Chojimidare is great. We recommend it.
 
NBTHK Hozon Token 
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.