カテゴリー: 
開始価格: 
¥900,000
上昇単位: 
¥1,000
1450574100
入札数 : 

太刀:白鞘入り (保存刀剣)

銘:勲四等栗原彦三郎昭秀作     
昭和十八年正月日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来はとしては上作にランクされる作品です。

昭和刀:上作
研磨済み
登録証番号: 新潟県52293号
交付年月日:昭和58年3月14日
刃長:72.5センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:1
元幅:3.01センチ
先幅:2.28センチ
重ね:00.82センチ
時代:昭和18年 1943年
体配:身幅広く重ね厚く生刃を残し反り適度にあり切先が延びたがっしりとした刀。
地鉄:小板目肌良く練れて地錵が付き綺麗な精良な地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れ足長く入る。

特徴:栗原昭秀は明治十二年(1879)栃木県佐野に生まれた。 二代目稲垣将応、堀井胤明の門。
東京赤坂氷坂下に日本刀鍛練伝習所を設け、刀匠の育成に尽力した刀剣界の功労者。
門人は天田昭次、秋元昭友、のちの人間国宝宮入昭平をはじめ五十人以上にのぼる。
栃木県選出の衆議院議員として政界でも活躍し、昭和二十九年に七十六歳で没した。
時相武台には陸軍士官学校があり、日本刀学院も軍刀の需要に応えるためのものであったが、師範の育成に務め、戦後の美術刀剣を担う者も数多くあらわれた。
本作は長さが通常の昭秀とは異なり長寸である事と昭和18年正月と裏銘が入った作品で正月に制作した思入れの強い作品と考えられます。

時代背景:
昭和18年1月2日ニューギニアブナで日本軍が全滅する
昭和18年2月1日ガダルカナル島から日本軍撤退する

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Tachi in Shirasaya (NBTHK Hozon paper)

Signature : 4th Level Kurihara HIkosaburo Akihi
Showa 18 Nen Syougatsuhi (1943)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyosaku ranking.

The blade was polished.
Blade length : 72.5 cm or 28.54 inches.
Sori : 1.8 cm or 0.71 inches.
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.04 cm or 1.2 inches.
Width at the Kissaki : 2.28 cm or 0.89 inches.
Kasane : 0.83 cm or 0.33 inches.
Era : 18th year of Showa (1943)
Shape : It is wide and thick sword with Ububa remaining There is long kissaki solid shape katana.
Hamon : Nie deki gunome midare with long ashi attached.

Special feature : Kurihara Akihide, known as Kurihara Hikosaburo was born at Sano in Tochigi pref.
In 1879 he learned under Inagaki Masanori the Second and  Horii Taneaki clan.
Akihide established Nihon-to Tanren Denshusho at Akasaka in Tokyo and made efforts to train modern swordsmiths 50 strong include Amada Akitsugu, Kurihara Akihide, known as Kurihara Hikosaburo was born at Sano in Tochigi pref.
In 1879. He learned under Inagaki Masanori the Second and  Horii Taneaki clan.
Akihide established Nihon-to Tanren Denshusho at Akasaka in Tokyo and made efforts to train modern swordsmiths 50 strong include Amada Akitsugu, Akimoto Akitomo and Miyairi Akihira.
Akihide also went into politics as a member of the House of Representatives for Tochigi Pref.
He passed away in 1954, aged 76.

Historical Background :
The Japanese military was completely distructed in Papua New Guinia.
At the same year, the minitary withdrawed from the country.

NBTHK Hozon paper.
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.