カテゴリー: 
開始価格: 
¥700,000
上昇単位: 
¥1,000
1458349860
入札数 : 

脇差:白鞘入り(保存刀剣)

銘:源元興 安政五年二月日
太々土壇場同年三月十三日於千住後藤利影試之 於東武芝金杉營精鍛焉

新々刀:中上作 :岩代
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は 源元興 としては上々作にランクされる作品です。
最上研磨済み
はばき:金着二重
登録証番号:大阪5189号
交付年月日:昭和30年3月3日
刃長:1尺3寸5厘(39.54センチ)
反り:3分(1.5センチ)
目釘穴:1個
元幅:2.97センチ
先幅:2.81センチ
重ね:0.7センチ
時代:江戸時代末期
体配:薙刀風の豪壮な体配に横手を付けて大切先の体配をした脇差
地鉄:小板目肌良く詰んで地錵が付き綺麗な地金となる。
刃紋:錵出来、匂口の深い互の目乱れとなり帽子同様に互の目乱れに先尖って返る

特徴:元興は角大八元興の孫にあたり、角大助と称し
父:角大治秀国は26歳で早世の為、祖父の銘を襲名し元興と銘ずる。
主に石堂運寿是一から作刀技術を学びその技術は師匠そのものの出来で
かなり是一の作刀を手伝っていた事が想像される。
著名な刀工として松平容保公が京都守護職に就任した際同道し
都でもかなりの作品を制作し、会津藩の侍や新撰組の隊士に制作されていたと言われている。
近藤勇、土方歳三も愛刀としていたと言われている。
匂口の深い互の目乱れを焼き上げる。 松軒元興は、角大八元興の孫にあたり、角大助と称す。
作刀の技術は初め、道辰ら会津刀工から学 んだものと思われ、また、安政4年、
会津藩松平家からの預かり弟子として七代:石堂運寿是一に入門する。
是一との合作もみられる。安政6年、入道して「松軒」と号す。
慶応2年7月、「大和守」を受領、同時に名を父祖と同じく「秀国」と改める。
明治24年3月、80歳にて没す。松軒元興は名工揃いの会津刀工のなかでも
特に上手として知られ、異彩を放っている。本作は体配の良い薙刀風に横手を切り
地金が良く刃紋も匂口の深い柔らかな刃縁をした傑作品であります。

時代背景:安政5年1858年
2月10日江戸は大火に襲われる。
4月23日 彦根藩主井伊直弼、大老就任

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Wakizashi in Shirasaya(NBTHK Hozon paper)

Signature : Minamoto Motooki Ansei 5 nen 2 gatsu hi (February 1858)
Taitai Dodanba Dounen 3 gatsu 13 niti
Oite Senju Goto Toshikage Tamesu kore
Oite Tobu Sibakinsugi ei Sentan kokoni

Explanation: Minamoto Motooki made this blade in February 1858.
Mr. Goto Toshikage did scutting test (both shoulders line) on March 13th 1858 at Edo city.

Shinshinto: Chujo Ssaku: Iwashiro province.
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyojyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki : gold foiled double Habaki.
Blade length : 39.54 cm or 15.56 inches.
Sori : 1.5 cm or 0.59 inches.
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 2.97 cm or 1.16 inches.
Width at the Kissaki : 2.81 cm or 1.10 inches.
Kasane : 0.7 cm or 00.27 inches.
Era : Late Edo period.
Shape : Looks like Naginata blade with Yokote line. Okkissaki Wakizashi.
Jigane :Ko-Itame Hada well grained with Jinie attach. The Jigane is beautiful.
Hamon : Nie Deki, Gunome Midare with deep Nioikuchi.
Boshi is also Gunome Midare, upper end was pointed and return.

Special feature: Motooki is a grandchild of Sumidaihachi Motooki.
He was called Sumi Daisuke. His father died an early death.
So he succeeded to his grand father's name "Motooki".
He got the "Yamato Kami" in 1866. And he changed his name into Hidekuni.
At 1859 He worked under the Ishido Unjyu Korekazu.
He passed away in March 1891 at age of 80.
Motooki has good skil in the Aizu sword smiths. He cut a brilliant figure.
This blade is nice shape, like a Naginata. The Jigane is nice. The Nioikuchi is thick and soft.

NBTHK Hozon paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.