カテゴリー: 
開始価格: 
¥420,000
上昇単位: 
¥1,000
1596591000
入札数 : 
刀:拵え入り(保存刀剣)(特別貴重刀剣)(委託品)
 
銘:無銘(藤原高田)(保存刀剣)
   無銘(賀光)(特別貴重刀剣)
 
当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は  無銘(藤原高田)  としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
登録証番号:
はばき:素銅地一重
刃長:68.5センチ
反り:1.5センチ
目釘穴:2 個
元幅:2.85 センチ
先幅:1.98センチ
重ね:0.59センチ
刀身重量: 570グラム
時代:江戸時代寛永の頃 1624年
体配:摺上無名の作品で身幅。頃合い反りが深く付き切先が伸びる
地鉄:.小杢目肌良く詰んで練れ地錵が良く付き綺麗な澄んだ地鉄となる。
刃紋:小錵出来丁字乱れが続き帽子少し乱れて丸く返る。
 
特徴高田派は豊後国大分郡高田庄にいた刀工群で、その祖は友光とも友行とも言われている。
作風から見ても古い高田物には左文字色、ひいては相州色の強いものがある。
友行初代の作には建武二年から文和二年の年期がある。
大左より年期が少し下がるからその門人と見る事ができる。
高田派の中でも特に友行から室町中期、明応頃まで刀工の作は古高田と言われ、遺作が極めて少ない。
新刀期以降の物は銘に藤原と付く物が多い事から俗に藤原高田と呼ばれる。
藤原高田刀工の代表は統行・長・忠行・実行・輝行・行光・正行等がおります。
 
拵:
鍔:楕円形の鉄鍔に龍と波を高彫りする。銘が有りますが判然とはせず
縁頭:赤銅地 に馬の図型を高彫りし、金色絵をほどこす。
鞘:黒呂色さや。
目貫:赤銅地に牛の図柄を高彫りし、金色絵をほどこす。  銘があるが判然とはせず
割笄   鉄地に 関運千代弥やと彫る
 
葵美術より一言:本作は過去の刀剣博物館では賀光と鑑定されたが
最近の鑑定では藤原高田と鑑定されました。 
私見では丁字乱れでありますが映りが無く反りが深いのですが働きがやや
単調であり帽子の刃紋から豊後高田が正しい鑑定であると考えます。
すっきりとした体配の良い作品に拵えはそれほど豪華ではありませんが
しっかりとした作品で居合い刀として、又鑑賞用として好適な作品です。
 
時代背景:戦国時代が終了し江戸時代となり世の中が落ち着きを取り戻した時代
 
 
保存刀剣鑑定書
特別貴重刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形
 
Katana in Koshirae.(NBTHK Hozon paper)(NBTHK Tokubetsu Kicho paper)(consignment sale)
 
Signature : Mumei (Fujiwara Takada)  Hozon 
       Mumei (Yoshimitsu) Tokubetsu Kicho 
 
(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyo-jyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki: copper single habaki.
Blade length: 68.5 cm or 26.96 inches. 
Sori :1.5cm or 0.59 inches. 
Mekugi:  2
Width at the hamachi: 2.85 cm or 1.12 inches. 
Width at the Kissaki: 1.98 cm or 0.77 inches. 
Kasane : 0.59 cm or 0.23 inches.
The weight of the sword 570  grams.
Era : Edo period Lamei era. 1624.
Shape: This sword is suriage mumei style wide 
with rather deep sori and long Kissaki.
Jigane: The jigane is Mokueme and item hada mixed nice clear beautiful jigane.
Hamon :Koniedeki choji midair and boshi is round shape.
 
Special feature: The Takada group is a group of swordsmiths in Takatasho, 
Oita-gun, Bungo, and their ancestors are said to be Tomomitsu and Tomoyuki.
From the subject, old Takada school are Samonji style or Sosyu den style 
Tomoyuki is called old Takada school between middle Muromachi to
Meiou era and called Old Takada school and few swords were made.
Later shinto era, we call Hujiwara Takada because most of swords made signatory Hujiwara Tkada.Tomoyuki, Tadayuki, Teruyuki and Masayuki and so on.
In Takada school Tomoyuki is called old Tomoyuki worked from middle Muromachi to Meiou era but he made few.
After Shinto era, many Takada sword makers were working who were called Fujiwara Takade because these sword makers engraved Fujiwara Takada on their nakago.
 
Koshirae : 
Saya:black roar saya.
Tsuba: on shape iron tsuba , a dragon and waves are engraved the signature is not clear.
Menuki: On the syakudo plate a cow is engraved with gold color.
Wari Kogai:on the iron plate, engraved Kaiun Chioya. (関運千代弥)
Your luck will be open soon.
 
From Aoi Art: NBTHK old paper mentioned as Yoshimitsu(賀光)
but NBTHK New Kantei was issued as Fujiwara Takada.
I think The blade is Cyoji midair Hamon with deep sori 
but unfortunately, Bungo Takada is the right judge,
Koshirae is not so gouges but a fine piece.
I recommend using as Iai practice and Kansyo blade.
 
 
NBTHK  Hozon Token 
NBTHK Tokubetsu Kicho paper
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.