カテゴリー: 
開始価格: 
¥1,250,000
上昇単位: 
¥1,000
現在価格: 
¥1,451,000
1562376300
入札数 : 
34

刀:白鞘入り、拵え付き(特別保存刀剣)(委託品)
銘:天秀(水心子正秀)文政三年八月日
新々刀:最上作:武蔵

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は天 秀としては上々作にランクされる作品です。

上々研磨済み
はばき:金着二重
刃長:2尺3寸5分(71.21センチ)
反り:6分2厘 (1.879センチ)
目釘穴:1個
元幅:3.16センチ
先幅:1.96センチ
重ね:0.9センチ
重量:880グラム
時代:江戸時代文政 1818年
体配:身幅が広く重ね厚く生刃を残し反り。やや深く付き切先がのびた体配の綺麗な姿をした作品。
地鉄:小板目肌実の良く詰んで地錵が付き綺麗な澄んだ地鉄となる。
刃紋:匂口が締まった丁字乱れに互の目乱れが混じり足良く入り、帽子、乱れ込む。

特徴:本作は初代水心子正秀による刀。
正秀は羽前で寛延三年(1750)に生まれ、明和年間に山形城下に出て、当初四代国包の門人となったと言われる。
その後江戸に出て二十二歳にて武州八王子の宮川清蔵吉英の弟子になる。
浜町の秋元家中屋敷に住み、造刀の研究に励み弟子の教育も行った。
作域は当初華やかな濤乱刃を好んで焼いたが、濤乱刃は折れやすいという欠点があった為、自ら復古刀を目指し切味を重視してやや地味な作品を作る様になった。
新々刀の開祖といわれる名工で、ある大名から南蛮鉄を提供され、卸し鉄の技法を研究し作刀を行ったといわれ、本作もその一例であろうと思われる。
文政八年(1825年)に七十六歳で没した。
初期作の安永・天明頃には刻印を使用せず、寛政年間に花押を切り、文化頃よりは本作の様な刻印を用いる物が多くなる
水心子正秀は始め英国と銘し、安永三年に秋元家に抱えられて藩士となり、川部儀八郎藤原正秀に改めている、また正日出あるいは正日天と切ったものもある。 
水心子と号し、文政元年に子の貞秀に正秀の名を譲り天秀と改名する。 
水心子正秀は新々刀期における一大教育者として門下には、細川正義、大慶直胤、長運斎綱俊、等の多くの逸材を輩出し、新々刀期を切開いた新々刀期を代表する名工です。 

拵:
鍔:楕円形の鉄鍔に波と竜を彫る、南蛮風の雰囲気のある作品です。
縁頭:赤銅魚魚子地に雲龍を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘に花と飛ぶ鳥を茶色で描く
目貫:独鈷と剣を高彫りし金の色絵をほどこす。7.37cm。

葵美術より一言:初代水心子正秀は初期には助廣に私淑して濤乱刃の研究に没頭しおおいに成功を収めるしかしながらこの濤乱刃は折れ易いろいう欠点にきずき、古刀の作域に戻るべきと唱え復古刀を制作する事となり実用本意の作品を制作する。
水心子正秀は新々刀期における教育者として数多くの師弟を育てた。
細川正義、大慶直胤、長運斎綱俊、等の多く刀工がおります。
切れ味重視で制作した作品が評価が少なく初期の濤乱刃が高く評価されるのは皮肉であります。
なを初代水心子正秀は家督を譲った後には天秀と銘をかえて文政8年76歳迄活躍しておりました。
本作は文政3年の71歳の時の作品です。
しっかりとした出来の良い初代水心子正秀の作品を是非お求め下さい。
なお拵えもしっかりとした作品です。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya with Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Hozon pepr) (Consignment sale)
Signature : Amahide (Suishinshi Masahide first generation) Bunsei 3 Nen 8 Gatsu Hi
Fujishiro book: Shinshinto:Saijyo saku (the Top) ranking:Musashi.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.

The blade was polished by a high ranking polisher.
Habaki :Gold wrapped double habaki.
Blade length : 71.21 cm or 28.04 inches. 
Sori :1.879cm or 0.74 inches. 
Mekugi :  1
Width at the hamachi : 3.16cm or 1.244 inches. 
Width at the Kissaki : 1.96cm or 0.77 inches. 
Kasane :0.9 cm or 0.354 inches.
Weight:880 grams 
Era : Late Edo period Bunsei. 1818.
Shape : The blade is wide and thick with rather deep sori and longer kissaki nice looking shape.
Jigane : Koitame had well grained with jinie attach beautiful fine texture.
Hamon : Nioi deki gunome midare and Cyoji midare mixed.  
Boshi is midarekomi style.

Special Feature : Suishinshi Masahide the First forged this katana. 
Masahide was born in Yamagata pref. in 1750. It is said that he learned under Kunikane the Forth. Masahide went to Edo and learned under Yoshihide at the age of 22. 
Masahide became a retained swordsmith of the Akimoto family and studied the method of making sword and disciplined pupils. 
A daimyo; a feudal lord gave Masahide foreign steel called Namban-tetsu to study. 
He was fond of brilliant Toran-ba that had a tendency to break so he tried to the revival of Koto aimed at the sharpness. 
It is an accepted theory that he was the founder of Shinshin-to. 
There are various kind of his signatures pattern with Kao or Kokuin. 
Kao is a written seal. Personal device often added to a signature. 
Kokuin is a kind of carved seal that is subject to wear so several patterns of his kokuin survives on his works. 
On his early works circa Anei to Tenmei era, he didn't use the Kokuin. The sword made in the Kansei era, Masahide used the Kao. 
He started using the Kokuin around Bunka era and most of the sword forged in that period bears it on the tang. 
He passed away in 1825 aged 76.

Koshirae :
Saya :On the black roar saya, painted flying birds 
and flowers by brown color.
Tsuba : On the oval iron Tsuba, engrave dragon 
and waved like Nanban Tsuba.
Menuki : Dokko and Ken are engraved with gold color. 7.37cm
Fuchikashira:On the syakudo nanako plate, a dragon 
and clouds are engraved with gold color.

From Aoi Art : The first generation Suishinshi Masahide was initially studied from Sukehiro 's Doranba Hamon and achieved great success.
But Doranba hamon is easy to cut because the Hamon is too wide and deep.So He understood that the swords must be suguha, komidare not flashy work. 
Produced works of practical purpose.  
He brought up a number of  famous sword makers like Taikei Naotane,Hosokawa Masayoshi, Cyounsai Tsunatoshi and so on.
After giving his family governor, he used to work as Amahide and active in the age 76 Bunsei 8.

NBTHK Tokubetsu Hozon pepr
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.