Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥350,000
Bid Increment: 
¥1,000
1583285880
Number of Bids: 

刀:拵え入り(特別貴重刀剣)

銘: 無銘(藤原高田)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘(藤原高田)としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:素銅地金色絵一重はばき。
刃長:70.4センチ
反り:2.1センチ
目釘穴:1個
元幅:3.07センチ
先幅:2.02センチ
重ね:0.64センチ
時代:江戸時代 寛文の頃
体配:生無銘の体配をした作品で反りがやや深く切先延びる。
地鉄:小板目肌よく練れて地錵が付き、黒味を帯びた地金。
肌が良く見てとれる作品です。
刃紋:錵出来直刃に小足が入る。

特徴:藤原高田は室町時代末期から江戸時代にかけて活躍した刀工群であります。
高田物は初期頃の作品はかなり地金が良く直刃出来の素晴らしい作品が多いのですが
江戸時代中期から末期にかけて粗雑な作品が制作される様になってからは評価が下がって
しまいまいた。本作は室町時代末期頃に制作された作品で
小錵出来、直刃の刃紋に小足が良く入り地には淡い白気映りがあらわれる。
高田一派の隣国には肥前で鍋島藩が活躍し阿蘭陀とも貿易があった為に
数多くの輸出品と輸入品で利益を上げ、特に陶器の輸出さらに国内では日本刀の販売を行っていたと言われている。
阿蘭陀とは阿蘭陀鉄と称される南蛮鉄が輸入され、その鉄を独占的に販売し更に和鉄に混ぜて
独特な肥前刀を制作したと考えられます。隣国の高田では入手が難しく独特な肥前地金は制作が出来なかった。
しかしながら刃紋は肥前と全く変わらない錵出来直刃刃文で匂口の深い作品を制作する事に成功しております。

拵:
鍔:薄めの円形の鉄鍔に花と兎、円形には仏塔が山に隠れて見える図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
縁頭:赤銅魚魚子地に菊の花を高彫りし金の色絵をほどこす。
鞘:黒呂色鞘。
黒形:鉄地に刻みを入れ所々銀の点象嵌をほどこす。
目貫:赤銅地で竹の図型を彫る

葵美術より一言:高田一派の作品は評価の低い作品と評価の高い作品があります。
本作は室町時代末期頃の作品で反りの深い見事な体配を見せております。
拵えもまずまずで瑕欠点のない作品です。
評価の出来る作品と言えます

葵美術正真鑑定書:全身押し型

当社で正真と記載した鑑定書は将来偽名又は保留となった場合は御買い戻しを致します。

 

Katana in Koshirae.(NBTHK Tokubetsu Kicho Paper)

Signature :MUMIEI attributed in FUJIWARA TAKADA.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo saku ranking.
The blade was polished.
Habaki :copper gold color single habaki.
Blade length : 70.4 cm or 27.71 inches. 
Sori : 2.1 cm or 0.82 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.07 cm or 1.20 inches. 
Width at the Kissaki : 2.02 cm or 0.79 inches. 
Kasane : 0.64 cm or 0.25 inches.
Era : Late Muromachi to early Edo period.
Shape : The blade is Ubu style with deep sori 
and longer kissaki nice looking 
Jigane :Koitame hada well grained with jinie attach blackish hokkoku jigane.
Hamon :Konie deki suguha wth small ashi scatter in Ha.

Special feature:Fujiwara Takada school was working at late MUrromachi to 
late Muromachi period.   Early stage, Takada school's jigane was beaithul jigana and also hamon but later on.the quality is not high standard.
Compare with Hizen blade, the Hamon and also Jigane both inferior comper with Hizen to.  Nabeshima daimyo family trade with portuguese irons which is called Nanbantetsu and also exported Japanese pottery to Europe
and imported other material and became very rich country.Especialy Hizento blades were made secretly probably the sword was  using Holland Nanbantetsu  and Japanese Tamaahagane mixed iron.
Neighbor country Takada couldn't make Hizen jigane. I think Nabeshima daimyo prohibited to use special iron Nanbantetsu and controlled to use 
this iron.  but Takada school succeeded to make the hamon as well as Hizen hamon like suguha with deep Nioikuchi.

Koshirae : 
Saya :black roiro saya.
Tsuba :On the thin round shape iron tsuba, 
landscape design is engraved with gold color.
Menuki : Bambu is engraved vy syakudo plate.
Fuchikashira: On the shakudo nanako plate, kiku flowers are engraved 
with gold color.

From Aoi Art:Generally the image of the takada school is not so good 
but early stage Takada school's quality is very fine jigane and hamon.
Koshirae is also good without Kizu and scratches.

NBTHK Tokubetsu Kicho Paper
Aoi Bijyutsu estimation paper: whole Oshigata.