Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥370,000
Bid Increment: 
¥1,000
1550107200
Number of Bids: 

脇差:白鞘入り、拵え付き(保存刀剣)

銘:兼□作(関)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は兼□作としては上作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:34.3センチ
反り:0.5センチ
目釘穴:2個
元幅:3.03センチ
重ね:0.53センチ
時代:室町時代末期
体配:身幅が広く重ねしっかりと先反りのある健全な脇差
地鉄:板目肌に柾目が混じり地錵が付き肌立つ地金となる。
刃紋:小錵出来、頭の丸い互の目乱れを焼き
帽子丸く先尖りごころに返る。

特徴:室町時代末期から安土桃山時代は、
国内は戦乱の為数多くの刀剣が生産された。
特に短刀類は美濃に制作が集中して刀類はそれ程多くはなかった、
これは分業体制が整っていたのかも知れません。
いずれにせよ美濃の短刀制作は数が多く
江戸時代になると需要が激減し美濃の多くの刀工は地方へと移動していく事となりました。

拵:
鍔:素銅地はみだし鍔
縁頭:四分一地に花の図柄を彫り金の色絵をほどこす。
鞘:朱塗り変わり塗り刻み鞘。
目貫:赤銅地で馬の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
小柄:赤銅魚魚子地に花の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
笄:赤銅無地に老人の図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。
返り角:栗形:赤銅地に筍と思われる図柄を高彫りし金の色絵をほどこす。

葵美術より一言:本作の寸延び短刀は先反りがあり豪壮な姿をしております。
美濃で流行した作品と言えます。
銘の一部が良く分かりませんが末関の作品に間違いがなく
地金が板目肌、肌立ち地錵が良く付き、細かな地景を見てとれます
明るく冴えた作品でありますので是非ご検討下されば幸いです。

時代背景:戦国時代

葵美術評価鑑定書:保存刀剣鑑定書
全身押し形

Wakizashi in Shirasaya with Koshirae.

Signature : Kane □ Saku(Seki)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to ranking.
The blade was polished.
Habaki : silver single Habaki.
Blade length : 34.3 cm or 13.50 inches. 
Sori : 0.5 cm or 0.19 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 3.03 cm or 1.19 inches. 
Kasane : 0.53 cm or 0.20 inches.
Era : Late Edo period.
Shape : Wide and thick healthy Wakizashi.
Jigane : Itame Hada and Mokume Hada with Jinie attach.
Hadadatsu.
Hamon : Ko Nie Deki, rounded shape Gunome Midare.
Boshi is round and Togari Gokoro shape.

Special feature: In late Muromachi period to Azuchi Momoyama period, 
there were a large number of swords. Especially, there are many Tanto 
in Mino province. Probably the division of labor was estanlished.
In Edo period, the demand for sword is diminshing. 
So Mino sword smiths moved to other place.

Koshirae : 
Saya : Red color Kawari Nuri Kizami Saya.
Tsuba : Copper Hamidashi Tsuba.
Menuki : Shakudo, horse is engraved with gold color.
Fuchikashira: Shibuichi plate, flower is engraved with gold color.
Kozuka: Shakudo Nanako, cherry blossom is engraved with gold color.
Kogai: Shakudo, wise man is engraved with gold color.
Kaeritsuno and Kurikata: Shakudo, some design is engraved.

From Aoi Art: This Sun nobi Tanto has Saki zori.
The Jigane is Itame Hada and Hadadachi. You can see the fine Chikei.
The Hamon is bright. We recommend this Tanto for you.

Back ground of age: War time.

Aoi Art  estimation paper  : NBTHK Hozon Paper.
whole Oshigata.