Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥700,000
Bid Increment: 
¥1,000
Highest Bid: 
¥700,000
1547688300
Number of Bids: 
1

刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘: 雲州住忠善造之(二代)(無鑑査)
昭和六十一年八月日 (1986年)         

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は  雲州住忠善としては最上作にランクされる作品です。
上々研磨済み
はばき:金着一重
刃長:74.0センチ
反り:1.8センチ
目釘穴:1個
元幅:3.29センチ
先幅:2.40センチ
重ね:0.77センチ
時代:現代
体配:身幅3.29cmと広く重ね厚くがっしりとした作品で表裏の棒樋を彫る
地鉄:小板目肌に杢目が混じり地錵が良く月精良な地金となる。
刃紋:錵出来互の目乱れ、足良く刃入り帽子乱れて丸く返る

特徴:初代川島忠善は明治25年に生まれ戦時中にかなり評価を受けた刀工で刀匠協会展では高得点の賞をものにした。
時折戦時中の作品を見る事がありましが大変出来の良い作品です。終戦後は
しばらくのブランクがあった後に刀剣の制作を行う様になった、
二代の忠善(川島真)が引き継ぎ父親の作刀技術を元に制作を続けて作刀技術発表会、
新作名刀展覧会で数々の賞を獲得して昭和47年、無鑑査 刀匠に認定される。
本作は2代川島忠善の最上の出来で流石無鑑査刀匠としての地位を誇る作品です。
豪壮でありながら体配が良くて持ちの良さは素晴らしいと思います。

時代背景:昭和61年8月15日新自由倶楽部が解散
昭和61年8月27日梅田事件で釧路地方裁判所で再審無罪が言い渡される。
昭和25年と26年に発生した強盗殺人事件で冤罪かどうかで争われた。

保存刀剣
葵美術評価鑑定書:全身押し形

 

Katana in Shirasaya(NBTHK Hozon Paper) 

Signature : Unshu Ju Tadayoshi Tsukuru (2nd generation) (Mukansa)
Showa 61 nen 8 gatsu Hi (August 1986)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku
Jyo saku and regular saki)This sword belongs to Saijyo 
ranking.
Jyojyo Kenma(Superb Polish)
Habaki :Gold single foiled habaki
Blade length : 74.0 cm or  29.13inches. 
Sori :  1.8cm or  0.7inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi :3.29cm or  1.3inches. 
Width at the kissaki :2.4cm or  0.94inches.
Kasane : 0.77cm or  0.3inches.
Era : Modern
Shape: It is 3.29cm wide and thick magnificent work. There is Bo-Hi engraved on both sides.
Jitetsu: Koitame hada with mixture of mokume hada with jinie attached. It is clear jigane.
Hamon: Nie deki gunome midare with much as work appearing. Boshi is midarekomi(mixed up) turnback. 

Special feature :Shodai Kawashima Tadayoshi was born in Meiji 25th during war time. 
His work was highly valued winning many prizes at Japanese sword Kyokai(foundation). 
There are opportunities to  appreciate his splendid work made during war time.
After some blank period after war, he passed down his father's sword making skills. 
He became a Mukansa sword smith led by winning several prizes of sword making competition 
and new masterpiece sword exhibition.  There was much blank after the war. 
This work is the Saijyo work of Kawashima Tadayoshi as the Mukansa sword smith. 
It is magnificent yet the shape is solid and good condition. 

Historical Background:New Liberal Club dissolution in August 15th 1986. 

NBTHK Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.