Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥2,200,000
Bid Increment: 
¥1,000
1547688000
Number of Bids: 

刀:白鞘入り(保存刀剣)

銘:上野国新田住大隅俊平作(人間国宝)
昭和丙午年五月五日

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は大隅俊平としては最上作にランクされる作品です。
研磨済み
ハバキ:金着二重
刃長:71.9センチ
反り:2.3センチ
目釘穴:1個
元幅:3.28センチ
先幅:2.30センチ
重ね:0.75センチ
時代:現代(1966)
体配:身幅広く重ね厚め、反り深く付く。体配のよい刀
地鉄:小板目肌詰んで地錵が付き地景が入り綺麗な肌合いとなる。
刃紋:錵出来、互の目乱れ。
特徴:大隅俊平は人間国宝と認定された日本の誇る刀匠であります。
本名大隅貞男と称し昭和27年に宮入昭平(人間国宝)に入門する。
そこで刀剣作刀技術を磨き1960年より独立し、昭和49年・51年・53年:第10回、12回、14回新作名刀展において
最高賞の正宗賞を受賞。
昭和48年・平成5年:第60回・61回神宮式年遷宮御神宝太刀身を鍛造する。
昭和51年:群馬県指定無形文化財「日本刀」の保持者に認定。
平成9年:重要無形文化財「日本刀」の保持者(人間国宝)に認定される。
平成17年:旭日中綬章受賞。
晩年、行平と改名する。平成21年に77歳で亡くなる。
葵美術より一言:大隅俊平は備中青江派の直刃を研究した事で良く知られる。本作は華やかな互の目乱の刃紋で大変史料的にも貴重な作品です。
大隅俊平は数々の賞を受賞し、多くの刀剣愛好家から評価されている。
一般的に直刃出来が多い中で本作は丁字乱れの作品で丁字刃に帽子乱れ込んだ見事な作品と言えます。

保存刀剣(※2019年2月下旬に発行予定))
葵美術評価鑑定:全身押し形

Katana in Shirasaya(NBTHK Hozon Paper)

Signature : Kouzuke Koku Nitta Ju Osumi Toshihira Saku(Living National Treasure)
Showa Hinoe-Uma Nen 5 Gatsu 5 Nichi(May 5th 1966)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo  saku
Jyo saku and regular saku)
This blade belongs to Saijo Saku ranking.

The blade was polished.
Blade length : 71.9 cm or 28.30 inches. 
Sori : 2.3 cm or 0.90 inches. 
Mekugi : 1
Width at the hamachi : 3.28 cm or 1.29 inches. 
Width at the Kissaki : 2.30 cm or 0.90 inches.
Kasane : 0.75 cm or 0.29 inches.
Era : Modern time.1966
Shape : Wide and thick blade with large Sori. nice shape Katana.
Jitetsu : Ko-Itame hada well grained with Jinie attach. 
The Jigane is beautiful.
Hamon : Nie Deki, Gunome Midare.
             
Special feature : Osumoi Toshihira is the top sword maker in Japan as National treasure.
Toshihira was born at Showa 7th(1932) Jan 23rd at Oota city Gunma prefecture.

He worked under the Miyairi Shohei sword maker who got the national treasure.
He studied Raikunitoshi, aoe, sosyu style from him.
He decided to open up his own business at 1960 and do his own thing from his master and made swords.
At Showa 48,52,53,He got Masamune syo prize which is the top 
ranking prize in NBTHK Shinsakuto shinsa.
His technique is quite high valuated from many judges.
In 1997, he got the title of Living National Treasure.
He passed away in 2009 at age of 77.

From Aoi Art: Osumi Toshihira is famous for studing Suguha of Bicchu Aoe school. This blade has Gunome Midare Hamon.
We think that this blade has the values as a reference.
Toshihira got many prizes in his life.
Generally He made suguha hamon but this sword is Cyoji midare 
active temper line.

NBTHK Hozon Paper(※The paper will be issued around the end of Feb 2019.)
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.