Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥1,350,000
Bid Increment: 
¥1,000
Highest Bid: 
¥1,451,000
1547514900
Number of Bids: 
8

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)(特別貴重刀剣)

銘:無銘(長船成家)特別保存刀剣鑑定書
銘:無銘(義景)特別貴重刀剣鑑定書

鞘書:備前国義景 大摺上無銘 時代延文の頃 長さ貳尺三寸七分有之
於十勝川邊昭和五拾壹歳 仲秋誌之 本阿弥日州

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は無銘長船成家としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:銀一重
刃長:2尺3寸8分(69.7センチ)
反り:4分(1.212センチ)
目釘穴:2個
元幅:3.22センチ
先幅:2.8センチ
重ね:0.835センチ
時代:南北朝時代延文の頃
体配:大摺上無銘で身幅が広く重ね厚く
大切先の体配で表裏に薙刀風とな棒樋を手元に彫る。
地鉄:板目肌に杢目肌が良く練れて地錵が付き地景が葉入り
更に映りが現れて素晴らしく良く練れた地鉄となる。
刃紋:小錵出来小丁字乱れとなり、刃中に砂流、金筋が働く。

特徴:刀剣博物館ではかって義景と鑑定され更に
人間国宝であった本阿弥日州先生も同様に鑑定され鞘書にも記載されているが
最近の審査では南北朝時代に備前長船成家と鑑定されました。
備前長船成家は小反り備前重吉の子で、鎌倉末期よりやや下がり
南北朝時代初期から中期頃に活躍した刀工である。
小反り備前一派の中で刀に上杉謙信愛刀に小反り兼光がある。
上杉景勝35腰の一振りとして成家は良く知られている。
本作の地金は一見すると山城に見られる詰んだ地金で
互の目乱れが働き映りが現れて刃紋は小互の目乱れとなる。
なを本作は過去義景に認定され人間国宝本阿弥日州先生も同様に鞘書をなされておられます。
私見では成家の地鉄は綺麗な肌となりましすが義景は肌立つ作品が多く
帽子も長く勢いを感じさせ地には映りが現れて地鉄の流れを良く見て取れるところから
義景をを思わせる作品であります。 しかし鑑定は成家と鑑定されております。
いずれにせよどちらにも見て取れる見事な作品です。

葵美術より一言:刀剣博物館で備前成家と鑑定されました長巻の堂々とした作品です。
私見では人間国宝であった本阿弥日州先生の鞘書では義景と鑑定されており、同感であります。
板目肌に大板目が入り帽子も互の目乱れが連なり正に豪快な作品で
一見すると重要刀剣と見間違う見事な作品です。
肌物の刀がお好きな方には是非お求め頂きたいと願っております。

時代背景:南北朝時代に流行した長巻の作品

葵美術正真鑑定書:全身押し形
特別保存刀剣鑑定書:特別貴重刀剣鑑定書

Katana in Shirasaya(NBTHK Tokubetsu Hozon Paper)(NBTHK Tokubetsu Kicho Paper)

Signature : MUMEI (CUT SHORTENED)  OSAFUNE NARUIE (NBTHK Tokubetsu Hozon)
Signature : MUMEI (CUT SHORTENED)  YOSHIKAGE(NBTHK Tokubetsu Kicho)

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyojyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo Saku ranking.
The blade is polished.
Habaki :silver single habaki.
Blade length : 69.7 cm or 27.44  inches. 
Sori :1.21 cm or 0.476 inches. 
Mekugi : 2
Width at the hamachi : 3.22cm or  1.27inches. 
Width at the Kissaki : 2.8 cm or  1.1 inches. 
Kasane : 0.835cm or 0.329 inches.
Era : Nanbokucyo oeriod Enbun era.
Shape : The blade is very wide and thick long sword with very long Kissaki.
Jigane :Itame hada and oomokume hada mixed with jiniw attach 
and chikei work active Jigane and utsuri appear.
Hamon :Konie deki Cyoji midare and kogunome midare mixed 
with sunagashi and kinsuji work.

Special feature:According to the sayagaki which was done by Honami Nissyu human nationl treasure judged as Yoshikage but NBTHK judged Osafune Naruie.  Naruie was a swordsmith of Kozori school in Bizen province.
It is said that Naruie was a descendant of Kagehide in middle Kamakura period, or Naruie was a son of Morimitsu.
Anyway, Naruie was a very skillful swordsmith in Kozori school.
I think the blade looks Yoshikage. The Jigane is Ooitame and oomokume hada mixed and also nagamaki style big Boshi. 
Even though the Kantei is  different but the age is almost same high ranking sword.

From Aoi Art: Recently this kind of nice Nagamaki style sword are few.
The blade is healthy wide and thick with long ookissaki style nagamaki. Recently it is hard to look for this kind of swords.
We recommend this sword for you.
It is a possibility to pass Juyo Token.  

Aoi Art estimation paper  : NBTHK  Tokubetsu hozon paper.
NBTHK Tokubetsu Kicho Paper: whole Oshigata.