Category: 
Starting price: 
¥1,200,000
Bid Increment: 
¥1,000
1487898900
Number of Bids: 

刀:白鞘入り(保存刀剣)(委託品)
銘:和泉守藤原国貞(初代) 菊紋
新刀:上々作:大業物:摂津

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております。
本作の出来は和泉守藤原国貞(初代)としては上々作にランクされる作品です。

研磨済み
はばき:金着二重
登録証番号:大阪37390号
交付年月日:昭和36年12月5日
刃長:66センチ
反り:1.4センチ
目釘穴:3 個
元幅:2.94センチ
先幅:1.98センチ
重ね:0.67センチ
時代:江戸時代慶安の頃
体配:身幅、重ね尋常な反りの浅い刀で3寸程の区送、摺上られた作品で茎には銘が完全に残る。 茎の〈裏に菊紋を彫りが後刻と考えられる。
地鉄:小板目肌よく詰んで地錵が付き綺麗な大阪地金となる。
刃紋:錵出来、匂口深い互の目乱れとなり足良く働き刃中、砂流が入る。帽子乱れ金で丸く返る

特徴:和泉守国貞(初代)は天正十七年(1589年)日州に五郎右江衛門良光の長男として生まれ、上京して同郷の出身堀川国広の門人となる。同門の先輩であった越後守国儔(くにとも)に学んだ。元和六~七年(1620~1621年)には初代国助と前後して大阪に移り、嫡子である井上真改をはじめとして多くの弟子を育てた。元和九年(1623年)九月十五日に和泉守を受領。本作はその直後の初期作である。後に入道して道和と号す。
著名な刀工である井上真改の親にあたる為、「親国貞」ともいわれている。慶安五年(1652年 九月十八日に承応に改元) 没。江戸時代より大阪新刀の祖と称えられる。比較的長寸の刀が多く作刀数も多い。
本作は初代の最晩年に近い作品で一説によれば真改代作とも云われる作品ですが、別の意見としては国貞の最晩年に最も信頼出来る山上国隆になる作品と考えられます。地金が良く匂口の深い互の目乱れは国貞が最も得意とした作品で摺上げながら出来がよく、お薦めしたい作品です。

保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定:全身押し形

Katana in Shirasaya(NBTHK Hozon Token)(consignment sale)
Signature : Izumi Kami Fujiwara Kunisada (First generation(Inoue Shinkai)) 
 
Shinto:Jyo-Jyo saku ranking : Wazamono cutting test ranking.

(We divide 4 sections for each sword as Saijo saku, Jojo saku Jo saku and regular saku)
This sword belongs to Jo-Jo saku ranking.

The blade is polished by a good polisher.
Habaki : gold wrapped double habaki.
Blade length : 66 cm or 25.98 inches. 
Sori : 1.4 cm or 0.55 inches. 
Mekugi : 3
Width at the hamachi : 2.94 cm or 1.157 inches. 
Width at the Kissaki :  1.98 cm or 0.779 inches. 
Kasane : 0.67 cm or 0.263 inches.
Era : Edo Kanbun era.
Shape : The blade is rather wide and thick with small sori Kanbun shape and about 3cm Machiokuri and suriage nakago. But the whole signature remains on the tang.
Jigane : Koitame hada is well grained with jinie attach beautiful texture Oosaka jigane.
Shinogiji : Koitame hada masanagare.
Hamon : Niedeki gunome midare with deep nioikuch and nice soft Habuchi. In Hamon, many sunagashi and Kinsuji work. Boshi is midarekomo and round shape.

Special Feature : According to the Saya-gaki, Kunisada the Second known as Inoue Shinkai made this Katana. As his father was so old, Shinkai forged on behalf of his father. Examining the workmanship, we are completely convinced with this opinion. 
Inoue Shinkai was born as the Second son of Kunisada the First in 1630. Shinkai used the swordsmith name Kunisada for his early works. Shinkai got the title of Izumi (No) Kami in 1652. In 1661, The Imperial Court approved him to carve the chrysanthemum crest on the tang. He passed away in 1682, aged 53.  He had the reputation of Namba-Masamune. 
It’s said that the blade was made by Shinkai's most reliable student Yamagami Kunitaka. The jigane is nice and also active gunome midare hamon with thick nioikuchi.

NBTHK Hozon Paper
Aoi Art estimation paper : whole Oshigata.