Primary tabs

Category: 
Starting price: 
¥800,000
Bid Increment: 
¥1,000
1583283600
Number of Bids: 

刀:白鞘入り(特別保存刀剣)

銘:無銘(古三原)

当社では刀工の出来によって最上作、上々作、上作、普通作を記載しております
本作の出来は無銘(古三原) としては上々作にランクされる作品です。
研磨済み
はばき:金着二重
刃長:70.9センチ
反り:1.7センチ
目釘穴:4中1埋個
元幅:3.03センチ
先幅:2.04センチ
重ね:0.61センチ
刀身重量: 710グラム
時代:南北朝時代初期頃
体配:大摺上無銘で身幅、重ね尋常な反り深く付き
切先の延びた体配の良い作品です。
地鉄:小板目肌柾目に流れ地錵が良く付き白気映りが現れる。
鎬地:板目肌に柾目流れとなり肌目が良く見てとれる。
刃紋:錵出来直刃に二重刃が交り小足が良く働く。
帽子:大きくのたれごころに小丸に返りは掃掛となる

特徴:古三原は鎌倉時代末期より南北朝期にかけて、
備後國三原の地に繁栄した刀工の総称で、正家、正広らはその代表工であり、
一派の流れは室町末期に及んでいる。この地方には東寺や蓮華王院など
大和中央の社寺の荘園が多く、三原派の作風に大和気質が窺えるのは
こうした畿内中央との交流によるものと推測される。
その作風は前述の如く、大和気質が色濃くあらわれるものであるが、
大和本国の物に比べては地刃の沸が弱いのが一般的で、鍛えには白け映りが立ち、
まま板目の中に杢が目立って肌立ち、また匂口がしまりごころとなり、
帽子も穏やかなのが特色と言える。この刀は身幅が広く重ねが厚めで、
中切先が延び心となった手持ちの重い頑健な造り込みを呈し、
板目に杢や少しく流れた肌合いを交えてやや肌立つ鍛えに、白気映りが立ち、
刃紋は匂口がしまりごころの細直刃を基調として互の目、小互の目等が交じり、
小沸が付き、刃縁がほつれる等古三原の特色を良くあらわしている。
また帽子は頻りに掃きかけて、刃縁も働いており、
ここにも大和気質が色濃く示されているが、とりわけ返りがやや長めとなっている点には、
一派の特徴が窺われ、覇気の感じられる作柄に仕上がっている。
健全にして出来が良く刃中には細かな働きも見て取る事ができる。
刃長、元幅、重ね共に整って姿が良い。

葵美術より一言:大和気質が色濃くあらわれ、体配が良く刃紋は
小足があ良く働き古三原の特徴を良く発揮しております。
一見独特の直刃に見えるが仔細に見ると
刃中の働きが穏やかながら小足が入り刃縁が柔らかく
ふんわりと小足が働き切先は掃掛となっております。
是非古刀の魅力を味わって下さい。

特別保存刀剣鑑定書
葵美術評価鑑定書:全身押し形

Katana in Shirasaya(NBTHK Tokubetsu Hozon Token)

Signature : Mumei attributed as Komihara.

(We divide 4 sections for each sword as Saijyo saku, Jyo-jyo saku Jyo saku and regular saku)
This sword belongs to Jyo Jyo saku  ranking.
The blade was polished by high ranking polisher.
Habaki : Gold foild double habaki.
Blade length : 70.9 cm or 27.9 inches. 
Sori :1.7cm or 0.67 inches. 
Mekugi :  4
Width at the hamachi :3.03cm or 1.19 inches. 
Width at the Kissaki : 2.04 cm or 0,8 inches. 
Kasane : 0.61 cm or 0.24  inches.
The weight of the sword 710  grams.
Era : Early Nanbokucho period.1345.
Shape : The blade is oo suriage(cut shortened) regular width, 
thickness with deep sori nd longer kissaki nice looking shape.
Jigane : Ko Itame hada well grained with Masame mixed and Shirake Utsuri appear.
Hamon :Nie deki Suguha Hamon with small Ashi work.

Special feature: Ko-Mihara is the name of a swordsith group lived in Mihara of Bingo province prospered around the last Kamakura to the last Muromachi period. Masaie and Masahiro are the representative swordsmiths of this school. Distinctive points of their swords are shirake-utsuri and slight masame pattern on the jitetsu, hotsure and uchinoke on the hamon and round boshi though the comprehensive style resembles to the Yamato School's and neighboring Aoe School's. The reason why Yamato School influenced to this School is that there were many shoen; manor in medieval Japan especially owned by Buddhist temples or Shinto-shrines in Yamato province. 
This katana shows a robust feature: relatively wide Mihaba 
and thick kasane as a Koto and its longish kissaki. 
It makes a well-balanced proportion.
Jitetsu bears shirake-utsuri and Suguha-hamon includes feeble gunome-midare in places.
I hope you will enjoy the Koto Jigana and Hamon.

From Aoi Art: Ko Mihara is well influenced by Yamato school.
Hamon is suguha with ashi soft feeling double hamon.
Ko Ashi and Ashi are soft habuchi active temper line
Bo-shi is round style Hakikake(brush up).

NBTHK Tokubetsu Hozon Token
Aoi Art estimation paper: whole Oshigata.